サポートプログラム

【サイト運営】コンサルタントはいらない!自分でサイト分析をする方法

ブログやアフィリエイトサイトといったウェブサイトの運営は現在ではITが苦手な主婦の方でも気軽にできる副業方法となっています。最初は好きな記事を投稿していくだけでいいのですが、ある程度記事が溜まってきたら、いままで公開した記事の検索順位を追ったり、ホームページ自体の分析をする必要があります。

もし企業として本格的にやるのであれば、毎月20~30万円払ってコンサルタントに依頼する必要があるかもしれません。しかし、副業で頑張る方はコンサルタントに依頼するのはちょっと難しいですね。そこで、今回は自分でウェブサイトを分析する簡単な方法をご紹介します。すべて無料でできます。

キーワードを検索して、Google検索順位をリスト化する

キーワードを検索して、Google検索順位をリスト化する

まずは自分が投稿・公開した記事がGoogleで検索したときに何位に表示されるかを確認しましょう。例えば当記事のタイトルである「【サイト運営】コンサルタントはいらない!自分でサイト分析をする方法」は「サイト運営」を重要キーワードに「コンサルタント」をサブキーワード、「サイト分析+自分」をロングテールで検索したときに引っかかることを想定していいます。こうしてキーワードとGoogle順位をExcelを使ってリスト化していくといいでしょう。

これを毎月繰り返すと、その記事の順位変動を知ることができます。折れ線グラフにすると分かりやすいですね。

ウェブサイトのPVを分析する

ウェブサイトのPVを分析する

ウェブサイトのトップページや投稿した記事がどのくらいのPV(クリック数)か分析する手段は、「Googleアナリティクス」を使います。GoogleアナリティクスはGoogleが無料で提供しているSEO分析ツールとなり、Googleのアカウント(Gmail)を持っていれば誰でも利用できます。Googleアナリティクスでは月間の総クリック数はもちろん、記事毎のクリック数も分かるので、どの記事が人気があるかも一目で判断できます。さらに自分のサイトに訪れる読者の居住エリア、年齢層、性別までも分かってしまいます。

HTMLタグを分析する

HTMLタグを分析する

HTMLタグの中でも最も重要なのは「Title tag」と「h1 tag」と言います。このタグの文章にしっかりとキーワードが入っているかがとても重要。同タグの調べ方は、Firefoxであれば右クリック→要素を検証、Googlechromeであれば、右クリック→検証でHTML文法が開きますので、検索窓に「title」、「h1」などと打ち込めばそのページのタグを見ることができます。他にもURLを入力するだけでタグが分かる無料ツールもありますので、いろいろ調べてみるといいでしょう。

有料のサイト分析ツールは使うべき?

有料のサイト分析ツールは使うべき?

ネットで探してみると、日本産、外国産含めて、多数のSEO分析ツールがあります。そのほとんどは年間使用料を払うことで利用できる会員制となり、年会費はおよそ10万~20万円となり、コンサルタントに依頼するよりは節約できますが、それでも個人の買い物としては少々高額です。まずは自分でできるサイト分析を行い、記事が増えてきて管理できなくなったり、アフィリエイトがうまくいって毎月固定収入を得られるようになったあとに、これらのサイト分析ツールを検討してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です