サポートプログラム

【サイト運営】2020年版・GoogleAdSense審査通過のポイント

GoogleAdSenseというプログラムをご存知でしょうか。様々なWebサイトを訪問すると、時々広告が含まれたサイトに出会うことがあります。Web広告のイメージとして、有名なところですと、Yahoo! Japanのトップメージ右上に表示されていう広告がまさにそれです。

Yahoo!Japanの例
Yahoo!Japanの場合

今回、当サイトも申し込みを行い、無事に承認されましたので、GoogleAdSenseの申請についてまとめてみました。長文の記事になりますので目次を参照しながら読み進めてください。

世の中は広告だらけ

街中を出てみると、世の中は様々な広告に溢れています。ファッション雑誌のページの中にあったり、高速道路から程近いビルの目につくところに看板があったり、電車やバスのアナウンスでお店が紹介されていたり。ラジオやテレビのCMもそうですよね。違和感なく普段の生活に溶け込んでいることが伺えます。

2019年度の調査によると、2025年までに世界の広告費は4020億ドルに達すると言われています。まだまだ拡大を続けるということですね。

参考 Digial Ad Spending Worldwide, 2018-2023LOGLY lift

広告はこれからも伸び続ける

そんな広告の世界ですが、世界の各企業は何故広告にここまで費用を投下してまで広告に力を入れるのでしょうか。やはり根本は、「多くの人に知ってもらう機会を作る」ということなのでしょう。現代では、ネット社会が台頭し、一人一人スマートフォンを持ち、それぞれが好きな情報に簡単にアクセスできる機会が増えたことが大きいのでしょう。今までは画一的な情報を多くの方に届けることが可能でしたが、今では個々にパーソナライズされた情報を、適切なタイミングで届けることが重要となってきています。つまりは昔ながらの手法は通用しないということです。

先ほど、広告とは「多くの人に知ってもらう機会を作る」と申し上げましたが、加えて現代では、「多くの人と、個別にコミュニケーションする」という一面が重要となってきます。そのためには多くの媒体や手段でコミュニケーションすることが企業に求められてきているといえそうです。

そこで現在注目されている広告媒体として、Web広告、とりわけより多く・多様な方にみていただけるように、広告媒体自体を個人のサイトや、制作物に付与する動きが広がっています。テクノロジーの力で、多くの広告配信箇所を増やすことができたことも一因といえそうです。

GoogleAdSenseについて

今回は、その個人のサイトで広告を配信する手段として、Google社が提供している、GoogleAdSenseというサービスについてと、実際にこのサイトで申請をしてみましたので審査の流れと、審査通過のポイントをお伝えしたいと思います。

Google AdSense は、オンライン コンテンツから収益を得ることができるサイト運営者様向けのサービスです。コンテンツや訪問者に基づいて、関連する広告がサイトに表示されます。広告は、商品やサービスを宣伝する広告主によって作成され、費用が支払われます。広告の種類によって広告主が支払う金額が異なりますので、広告から得られる収益も異なります。

https://support.google.com/adsense/answer/6242051?hl=ja

審査とお伝えしましたが、Goole AdSenseは利用申し込みを行い、Google所定の審査条件(一部未公開)を満たした上で利用することができます。やはり、「広告媒体」を提供するということで、「広告主」に不利益を出さないためにきっちりサイトを審査するということなのでしょう。

選ばれるには訳がある

GoogleAdSenseは、サイトの収益化を目指すブロガーの方々にとても人気があります。その理由は主に下記の3点になります。

  • 収益単価が高い
  • 広告の品質が一定の水準以上に保たれている
  • メンテナンスが楽

通常Web広告は、その広告が「クリックされた」「閲覧された」など一定の条件を満たすと、収益として広告場所提供者へ支払いが行われます。GoogleAdSenseはその単価がほかの広告配信業者(ASP)よりも高いと言われています。うまくコンバージョンすれば効率的に収益をあげることができるといえそうです。

また、私はこれまで様々なASPサービスの広告配信を実際に導入してみましたが、広告の品質についてはGoogleAdSenseから配信される広告は、記事の内容に近しい広告が配信され、アダルトやそれを連想させるような記事の配信も無いので品質が一定しているのも良いところです。当然他社のASPサービスも制御がなされているのですが、現時点ではそういった制御が少し弱く、誤って配信されてしまうことも少なくありません。

メンテナンス性については、広告を配信する場合は、システムから作成されるHTMLタグを広告を配信したいページに配置して実現するのですが、通常は配置する広告の種類、サイズ、スマートフォン/パソコンなどの種別を都度作成、配置場所も指定し、管理する必要があります。ところが、GoogleAdSenseに関してはたった一つのコードを配置するだけで、システムが適切な広告種別、配置先、配置数を制御し、違和感のない形で表示がなされるため、メンテナンスがとても楽になります。

参考 AdSenseが選ばれる理由Google

申し込み方法と審査の流れ

いかがですか?多くの利用者に支持されている理由がお分かりかと思います。そんなAdSenseですが、申し込みの流れについてご案内します。Googleらしく申し込みについてもとてもスマートに作られていますので流れについてはこちらを参照ください。

参考 AdSenseへのお申し込みGoogle

申し込みの流れはお分かりでしょうか。基本的には、Googleのアカウントを作る、掲載したいサイトのドメインを用意する、Googleのコードをサイトに掲載する。の3ステップです。サイトにコードを掲載し、申請を行うと審査が開始されるという流れです。

審査の流れを頭に置いていただきつつ、ではどういった基準でGoogleは判断するのかお伝えします。Googleがはっきりと明言しているポリシーと明言はしていないが、今回の経験上実施しておいた方が良いことを記載しています。

アドセンスポリシー違反がないこと

アドセンスポリシーとは、Google、広告主、広告掲載者が互いに良好な関係を続けていくための、アドセンス広告運営におけるGoogleの方針です。記事の内容が、Googleアドセンスのポリシー違反(規約)に違反していないことは審査に通るために必要な条件となります。下記のリンクを確認して自分のサイトの準備状況を確認しましょう。

参考 AdSenseプログラムポリシーGoogle

独自ドメインを用意する

独自ドメイン (オリジナルドメイン)を準備します。少し前までは、hataneブログなど、無料ブログといわれる、企業が運営するブログサービスを利用してアドセンス審査に合格していました。

しかし、現在は、無料ブログでの審査は可能なようですが、審査がより厳しかったり、Googleの意図通りの広告表示にならないなどの事象もあるためあまりオススメしません。無料ブログの有料版で独自ドメインを取得する方法で審査が可能なブログサービスもあるようです。

こちらのサイトでわかりやすくまとめてくださっているので是非ご参考ください。

参考 アドセンスで稼いでいる人が使うお勧めブログサービスとはiscle

コンテンツ(記事)を用意する

GoogleAdSenseに審査してもらうには、実際のコンテンツをいくつか用意する必要があります。状況にもよりますが、10記事以上作成し、1記事あたり1500文字程度を意識して作成しましょう。作成する記事の内容については、Googleのポリシー違反にならないよう意識をするのは当然ですが、10年後も読まれる記事、読者のため(課題を解決する)になる記事内容を意識すると良いでしょう。

YMYLを意識する

加えて、その際のポイントとして、Googleが提唱するYMYLに沿った内容にする場合は内容の正確さが求められてくるので注意が必要です。YMYLとは、Your Money or Your Lifeの頭文字をとった略語で、ずばり「あなたのお金、あなたの人生」という意味です。

YMYLは、Google検索品質評価ガイドラインでも定義されており、「お金や生活関連のトピックを扱うWebページ」の意味として重要事項とともに幾度と解説される用語となります。

2.3 あなたのお金やあなたの人生(YMYL)ページ

いくつかの種類のページは、将来の幸福、健康、または財務の安定性に影響を与える可能性があります。私たちはそのようなページをあなたのお金やあなたの人生のページ、またはYMYLと呼んでいます。

https://static.googleusercontent.com/media/guidelines.raterhub.com/ja//searchqualityevaluatorguidelines.pdf

YMYLのジャンルとしては下記の内容が該当します。

  • ショッピングまたは金融取引ページ
  • 財務情報ページ
  • 医療情報ページ
  • 法的情報ページ
  • 重要なニュース記事または公的/公的情報ページ
  • 児童養子縁組、自動車安全情報など、YMYLに近いもの

情報の信憑性や他のジャンルよりも詳しく豊富な情報を提供するなどして、より高品質となるようにページを作り込むことが大切となってきます。特にGoogleは、これらのジャンルが提供する「情報の正確さ」を重要視して、ページの品質を評価します。

プライバシーポリシー・お問い合わせページの設置

事前に読者へ、このサイトがGoogleAdSenseを用いて広告を表示していること、問い合わせをする必要が生じた際に向けて問い合わせページを設けることが必須となっています。当サイトを参考にページを準備ください。

参考 プライバシーポリシーHSUGITA.NET 参考 お問い合わせHSUGITA.NET

追加で対策した方がいいポイント

上記の内容を意識しながら、申請に臨むとグッと承認率は上がると思います。しかしながら、GoogleAdSenseの審査基準は非公表ということもあり、いくつかの対策を行いながら、承認の確度を上げていくことが大事なこととなります。

実は私は、複数回申請しました。新型コロナウィルスの影響で審査が行われなかったり、いくつかGoogleの基準を満たしていないためだと推察されます。

その際は、Googleのコミュニティで質問するとエキスパートが対策について指南してくださるので質問してみると良いでしょう。私も下記に2回にわたって質問をしたりしています。

参考 1回目の質問Google 参考 2回目の質問Google

再申請はつきもの

こちらのアドバイスに従い対応したところ、問題なく審査を通過することができましたので、申請に通らなかった際は自分で判断するのではなく、アドバイスに従い、対応することをオススメします。なお、審査落ちした際は、2週間開けるなどの話がネット上に出てきますが、あまり意識する必要はありません。私は通知を受けた当日に再申請して問題なく審査通過しています。自分自身が対応ができたと思ったらすぐに再申請されることをオススメします。

AdSense審査通過
AdSense審査通過のメール

審査通過後の運用について

審査通過はあくまで、通過点に過ぎません。ここからが大切で、適切にAdSenseに関する運用を行う必要があります。とはいってもほとんど自動的にGoogleが管理してくれているので、定期的に数字をチェックする。不正クリックなどのアクセスを定期的にチェックする程度で問題ないでしょう。

AdSenseに適したサイト運営、適切な広告配置、ユーザーに寄り添ったコンテンツとは?といった大事なポイントを解説した本がありますので、こちらを一読すると良いでしょう。いくつかAdSenseの本に目を通しましたが、こちらの内容が最も本質をついているのでオススメです。

>>Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

4 COMMENTS

アバター NAO ONO

いつも楽しく拝見しています。
まさに、今日、審査出来ないと返事を頂いたばかりです。
新型コロナウィルスの影響が理由での却下が続いています。
あきらめずにボチボチ行きます😅

返信する
アバター 杉田 大樹

NAOさん>
いつもありがとうございます。
NAOさんも、AdSense申請されているのですね。
私もコロナの影響での却下が続きました。5回以上は却下されたと思います。

こちらの記事でも記載しましたが、コミュニティで審査対象のURLを掲載し、具体的な対応策についてGoogleエキスパートの方の指示を仰ぐのが良いかと存じます。
https://support.google.com/adsense/community?hl=ja

再審査は自分が準備ができたタイミングで良いかと思います。
ゴールはすぐそこですので頑張ってくださいね!

返信する
アバター 鶴田俊成

杉田様、いつも的確な情報をご提供いただきありがとうございます。内容もさることながら、ページの構成も参考になります。

返信する
アバター 杉田 大樹

鶴田様>
お褒めいただき、ありがとうございます。
ページの構成も悩みながら、今の形になりました。
今後とも役に立つ情報を発信してまいります。
どうぞよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です