サポートプログラム

【役に立つ】リモートワーク時代のはたらきかた

リモートワーク 時代の働きかた

アフターコロナ

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が解除となり、徐々にではありますが、日常に戻りつつある今日この頃…

とはいえ、コロナ前の日常とは違い、「新しい生活様式」、「ニューノーマル」な日常を意識せざるをえません。

そんな中、皆さま、リモートワークされていますか?
おそらく、多くの方は様々な理由でリモートワークができる環境ではなく、出社を余儀なくされているのではないでしょうか。

この状況下で日々過ごすことができるのは、そういった多くの方々に社会は支えられているのだな。と実感し、感謝しかない気持ちでいっぱいなのです。

私の場合

私の職場では、緊急事態宣言後、速やかにリモートワークに全面的に切り替わりました。
(経営陣の素早い意思決定、仕組みを早急に組み上げ、実用化したITチームのメンバー、本当にすばらしいです。)

リモートワークになると、今まで物理的にそばにいるだけで、意識せずとも成り立っていたコミュニケーションが成立しないわけで、そういった状況の必要性だったり、必要ならばどう再現するのが良いのだろうか。
そんなことを考えながら仕事をしています。

課題

ある意味リモートワークは、移動時間や、仕事に関係の無い雑談等々、「余白」が無い世界で、「まじめ」な方ほど、リモートワーク前よりも仕事を頑張ってしまうのではないでしょうか。

今回の新型コロナウィルスによる災害で、リモートワークの認知もより広がり、多くの会社がリモートワークを取り入れたワークスタイルが採用されながら、より効率化が求められる世界になるでしょう。
そうなるとメンタルヘルスも新しい課題も出てくることでしょうし、対応が急務になることと想像されます

リモートワーク で大事なこと

そういった働き方においては、各自が「余白」を意識した働きが重要であり、求められるところではないでしょうか。

私の職場は、「リモートワーク推奨」であります。
そんな中で徐々に、「余白」を意識した取り組みが始まっています。
ビデオ会議は、効率的になりましたが、あえて「雑談」の時間を多く取り入れてみる。
その「雑談」から広がる話題を大事にしたり、皆で楽しめる様な場作りをしてみたり。
結果、そこから多くのアイデアが生まれています

「アウトプット」や「生産性」も大事なのですが、気がついたのは、より人間臭い、「無駄」「余白」だったりするのだと感じています。

出口の見えない今だからこそ、「余白」を大きく取り、いつもよりもリラックスしてお仕事ができるといいなと思います。

皆さま、どうかお仕事は、ほどほどに。
リラックス、リラックス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です