サポートプログラム

【ミニマリスト】ミニマリストが成功しやすい資産運用。FXでほったらかし貯金

【ミニマリスト】ミニマリストが成功しやすい資産運用。FXでほったらかし貯金

あらゆる生活様式を必要最低限で表現するミニマリストは、お金の使い方、考え方にも慎重にならなければなりません。会社からもらったお給料で家計をやりくりして、毎月決まった貯金をするのも堅実ですが、資産運用という点では定期貯金はそれほど効果的ではありません。そこで、今回は資産運用の中でもミニマリストにおすすめしたい「FX」についてご紹介します。

日本では定期貯金が意味をなさない

ご存知の通り、日本の銀行金利は0.1%を大きく下回る超低金利となります。100万円を1年間預けても、利子はどんなによくても1000円程度。生活の足しにもなりませんね。資産運用の醍醐味とは、「お金に働いてもらう」ことにあります。自分の資産が目減りする可能性もありますが、信用取引をしなければ赤字になることもありませんし、ちょっと利益が減ってきたら運用をやめればいいだけの話。一昔前のように「資産運用はお金持ちがさらにお金を増やす行為」ではなくなり、一般のサラリーマンや主婦の方でも月々数千円から数万円の間で投資することができるようになっています。

ミニマリストの資産運用に「FX」を利用しよう

FXはパソコンで行うことができ、簡単に言えば外貨を購入して為替差益を狙うトレード方式となります。デイトレーダーの方は1日に何十回も売買を行って利益を狙っていきます。もちろんミニマリストの方にデイトレードをすすめるわけではありません。ミニマリストにおすすめしたいFXの資産運用方法は、「FXによる貯金」です。

長期貯金して堅実な資産運用がFXでもできる

FXの醍醐味は外貨を売り買いして利益を得ることにありますが、別の使い方もできます。それが「外貨貯金です」。日本の一般的な銀行でも米ドルやオーストラリアドルといった安定した外貨貯金は可能ですが、いずれも金利は低いです。一方でFXでは南アフリカランドやトルコリラといったマイナーな外貨も取り扱っていて、これらは日本と比べるとかなり金利が高いことが挙げられます。ちなみに両通貨とも3~8%の高金利となります。

ただし、高金利の国は発展途上にある国のため、世界情勢や経済の影響を受けやすいことがデメリットに挙げられます。定期的にニュースをチェックすることも忘れないようにしてください。

資産運用は安全をモットーにリスクは取りすぎないのがコツ

今回はFXのすすめをご紹介しましたが、ミニマリストにおすすめしたい資産運用はFXだけではありません。金や株、債券、投資信託などもすべて資産運用としてはおすすめできます。ただし、資産運用には必ず元金が減るリスクがありますので、自分で許容できるマイナスを予め設定し、その中でやりくりするのが安全です。自分の大切な資産なので、リスクを取る必要はまったくありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です