サポートプログラム

【ミニマリスト】毎月3000円から「金」を積み立て。ミニマリストに今話題の資産運用

【ミニマリスト】毎月3000円から「金」を積み立て。ミニマリストに今話題の資産運用

ミニマリストの方はお金に対してどのような認識を抱いているでしょうか。ミニマリストの多くは出費を伴う趣味は排除している傾向にありますし、インテリアや家具なども買いません。手元にあるお金はタンス貯金や銀行の定期貯金に預けている、といった人が大半でしょう。今回おすすめしたいのは、ミニマリストの方が安心してお金を積み立てることができる「金」の資産運用方法です。

世界情勢が不安定になると、「金」の価値が上がる

2020年1月発端の新型コロナウイルスにより、世界情勢は一変しているといっていいでしょう。大手企業でも倒産が相次ぎ、新型コロナの影響を受けてアメリカですらドルの価値を落としています。そうなると、投資家が逃げるのが「金」となります。金の価値は世界共通で決められているため、仮に日本の経済が破綻したとしても、自分の所有する金の財産は不変です。東南アジアや南米諸国を見てみると、ゴールドの時計やブレスレット、ネックレスをしている男性女性が多いですよね。彼らは自国のお金を信用することができないため、金を買って財産を保有しているからです。

銀行で簡単に「純金積み立て」ができる

毎月定額で金を購入して財産を増やす「純金積み立て」は、一部の銀行やネット証券で取り扱っています。銀行で有名なのは住信SBIネット銀行。ネット証券で手を出しやすいのは楽天証券といったところ。毎月決まった日に決まった金額が口座から自動引き落としされ、純金に換えて積み立ててくれます。金額は自分で決めることができ、3000円~1万円程度の積み立てに設定している方が多いようです。

資産運用で純金積み立てのメリット

  • 世界共通の価値となるので、日本の経済に関係ない
  • 世界情勢が不安定になると金の価値があがるので、それ以前に保有していると利益が短期間で増える
  • 千円単位で投資することができる
  • 仮に金の価値が減ったとしても、突然暴落することはまずない

資産運用で純金積み立てのデメリット

  • 必ず増える「金利」という概念がない
  • 目減りすることもある
  • 購入時に数百円の手数料が発生する
  • 純金積み立てプランを用意している銀行が少ない

ミニマリストは「金」を資産運用して効率よく資産を増やそう

ミニマリストは「金」を資産運用して効率よく資産を増やそう

ミニマリストならば資産運用もスマートに行ってください。伸るか反るか博打のような信用取引はしてはいけません。金は乱高下することが少なく、着実に資産を増やしたい方に向いている資産運用とみなすことができます。自分の将来のために、いまからでも少しずつ財産の一部を金に換えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です