サポートプログラム

【サイト運営】Googleアドセンスで最短で合格するための確認事項

Google公式のアドセンスの審査基準を簡単に解説

Googleアドセンスとは広告配信サービスで、アドセンスに申請して合格すれば、自分の運営するサイトに広告を貼り付けることができます。その広告はアフィリエイトと異なりクリック型のため、読者にクリックされた時点で課金されます。月数千円程度のお小遣い稼ぎから数万円稼ぐ副業者、さらには月数十万をコンスタントに稼ぐ人気サイトを保有している人までさまざまです。しかし、昨今はそのGoogleアドセンスの申請が通りづらくなっていて、「何度もアドセンスに落ちた」、「何が悪いのか分からないけど、全然合格しない」といった人たちが多く見受けられます。

そこで、ここではGoogleアドセンスに最短で合格できるための確認してほしいポイントをご紹介します。

サブドメインは使えない。※はてなブログは要注意

サブドメインは使えない。※はてなブログは要注意

はてなブログのような無料で公開できるブログサイトにありがちのサブドメイン。また自己でブランドを所有していて、複数のサービスを展開している際にもしばしばサブドメインは使用されていますが、このサブドメインでの申し込みは審査には通りません。必ず独自ドメインで申し込む必要があります。ただし、審査に通ったあとに、追加ドメインで申請することは認められていて、はてなブログを筆頭にサブドメインでも2回目以降は申請に合格することができます。

画像が入っているか確認する※一応altも入れておく

画像が入っているか確認する※一応altも入れておく

記事の中には画像も入れてあることを確認してください。短い文章だとトップページしか入れていないものありますが、できるだけ見出し毎に添付するとバランスがよくなります。また、画像にはaltと呼ばれる画像の内容をGoogleに認識させるテキストタグを入れることができます。Google側の見解としては「マスト(必要)ではないが、合った方が便利だ」とのこと。ちなみに単なるイメージとして挿入する場合はaltは空欄でもかまいません。

独自性のコンテンツで構成されているか

SEOの見地からすると、キーワードに沿った記事作りが検索順位の向上に必須となりますが、それはGoogleアドセンスに合格してからにしましょう。Googleアドセンスの審査では記事の独自性が見られます。キーワードを無視して、ユーザーが必要と思われる記事でサイト作りを心掛けなければなりません。

しっかりとしたコンテンツを作っていれば、Googleアドセンスは必ず合格できる

しっかりとしたコンテンツを作っていれば、Googleアドセンスは必ず合格できる

Googleアドセンスに合格する上で最も重要な要素は「コンテンツ」です。記事のテーマや内容の独自性をGoogleは確認しています。もちろん違法コンテンツやアダルトサイトなどは認められませんので、何度もGoogleアドセンスに申請しているけど合格できない、という人は、まずは要件をしっかりと確認し、資格があるようであれば、ここで紹介したコンテンツを1つ1つ確認していくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です