サポートプログラム

【サイト運営】Googleアドセンスに申請するタイミング

【サイト運営】Googleアドセンスに申請するタイミング

自分のサイトに貼り付けた広告がクリックされるだけで収入を得ることができるGoogleアドセンスは、個人が運営するブログのような小規模サイトから大手企業の運営するHPまで、多くのサイトで使われています。しかし、初めてサイトを立ち上げて申請しようと考えている人にとっては、「いつ、どのタイミングで申請すればいいのだろうか」という根本的な疑問があります。

そこで、今回はGoogleアドセンスに申請するタイミングをご紹介します。

申請自体はサイト設立初月から可能

申請自体はサイト設立初月から可能

Googleアドセンスの申請自体はサイトを設立して1週間程度から可能です。幾つかの記事を投稿して、それがグーグルによりインデックスされたら申請自体はすることができます。もちろん初月で一発合格する人もいますが、なかなか合格できない、という人もいます。その違いは明確には分かりませんが、雑記ブログよりも専門サイトのようなテーマ性のあるサイトや、ニーズに沿って作られたサイトは、初月でも合格しやすい傾向にあるようです※あくまでも傾向です。

年月が経ちすぎてからの申請はおすすめしない理由

年月が経ちすぎてからの申請はおすすめしない理由

Googleアドセンスの申請は年々合格がしづらくなっています。そのため「たくさん記事を投稿してから申請しよう」と考えがちです。しかし、仮に100記事投稿したのちに申請して却下されたらどうしましょう。100記事すべてのコンテンツを1つ1つチェックしなければなりません。何日もかかりますし、リライトする場合は非常に手間のかかる作業を強いられることになります。

20~50記事投稿したタイミングで申請してみる

10~50記事投稿したタイミングで申請してみる

まず、20~50記事投稿したタイミングで一度Googleアドセンスに申請してみてください。ネットで探っていると、5記事でも申請に合格した、という人もいますので20記事でもコンテンツさえよければ合格する見込みは十分あります。また、サイトを端的に伝えるabout usや事業内容、サイトマップ、特定商取引法に基づく表示、個人情報保護方針なども必要に応じてヘッダーフッターにつけてください。

申請が通らない場合は、コンテンツのテーマ、内容を確認する

それでもGoogleアドセンスの申請が通らない場合は、闇雲に記事を増やすのではなく、既存の投稿済のコンテンツテーマと中身を確認してみてください。記事の内容はありきたりではないか、コピペはしていないか、引用が多くないか、ユーザビリティは意識されているかなど。それでも合格しないようであれば、思い切って既存の記事を非公開にしてテーマを変えてみるのも1つの手。また、投稿した記事はしっかりとインデックスされているか、違法と思われるサイトからの被リンクが貼られいないかなどはGoogleコンソールで確認することができます。

上記を確認した上で、適切なタイミングでGoogleアドセンスに申請することによって、仮に合格できなかった場合でも修正しやすいことが挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です