サポートプログラム

【サイト運営】Googleアドセンスのアカウントが停止。その場合の対応

Googleアドセンスのアカウントが停止。その場合の対応

Googleアドセンスに合格をして一定期間運用をしていると、ある日突然Googleアドセンスチームから「Googleアドセンスのアカウント停止措置」のメールを受け取ることがあるかもしれません。アカウントが停止するということは、Googleアドセンスによる広告収益を得ることができなくなってしまうということ。アドセンスで稼いでいる方にとっては、頭が真っ白になってしまうほどの一大事。

そこで、 Googleアドセンスのアカウントが停止されてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

再申請は一度だけ可。もう一度却下されると永遠にBAN

Googleアドセンスのアカウントが停止してしまった場合、一度だけ再申請をすることができます。しかし、この再申請で再び落ちてしまった場合は、二度とアカウントは復活することができません。それはつまり、二度とアドセンスを利用することができなくなる、ということです。そのため、再申請は細心の注意を払って吟味してください。

【再申請する前に確認】アカウントが停止された理由

【再申請する前に確認】アカウントが停止された理由

アカウントが停止された理由は、主に「自分で広告をクリックしている」、「広告を偶発的にクリックされるようにしている」ことが挙げられます。

自分で広告をクリックしている

広告を自分のパソコンからクリックすると、IPアドレスを辿られてしまうので、Google側にすぐに感知されます。

偶発的なクリックを仕向けている

これはどういうことかというと、例えばアドセンスの広告を表示させるすぐ上に「おすすめ!こちらをクリック」といったPRを入れて、広告をクリックさせるよう意図的に誘導している場合です。また、不自然な場所に広告を入れて、読者が誤ってクリックしてしまうような方法をとるのも禁止です。

Googleはかなり厳しくサイトを見回りしている

Googleは昨今アドセンスの最初の申請だけではなく、運用後のサイトもしっかりと巡回している様子がうかがえます。Googleは不正行為やロボットツールの使用、アダルト・ポルノ系に対しては非常に厳しい措置をとり、一度の過ちでアカウントの停止を食らい、二度と復活できないこともあります。サイトを運営する際は、必ず常にコンテンツのクオリティを維持するように努めましょう。

再申請する際は改善と反省文を

再申請する際は、文章を打つことができますし、写真を添付することもできます。そのため、まずはお詫びと反省。今後は二度としない旨、またどのように改善したのかも必要に応じて写真を添付したりして説明しましょう。再申請の申し立ては1度切りなので、慎重に時間をかけて文面を考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です