サポートプログラム

【役に立つ】初心者向け。会話で役立つ英語のフレーズ

【役に立つ】初心者向け。会話で役立つ英語のフレーズ

「自分は英語が苦手」という方は多いかと思いますが、日本も日に日にグローバル化しています。自分の会社の取引先に外資系がいる場合もあれば、支店や事務所がアジアにあって定期的に出張をする、という人も少なくありません。そこで、今回は英語が全然できなくとも、会話で役立つ簡単なフレーズをご紹介します。

外国人と英語で話すときは、とにかく胸を張って

外国人と英語で話すときは、とにかく胸を張って

外国人と英語で話すときは、仮に英語がまったく話すことができなくとも、胸をはって堂々と会話に臨むことが大切です。「自分は英語がぜんぜん喋れないので……」とオドオドとした態度だと、確実に相手企業はその会社や担当者を下に見ます。友人同士の会話であればまだしも、ビジネスにおける会話であれば、自分は会社のブランドを背負っていると思って、外国人を相手にも自信を持って会話をしてみてください。

会話の冒頭に「You know」をつけて話す

外国人の英語を聞いていると、頻繁に会話の始まりに「You know」とつけているのが分かります。直訳すると「あなた知ってる」となりますが、冒頭にこのフレーズを付けて話す場合は、「えーっと」や話にメリハリとつけて、「今から話すよ」という場合の話し始めの意味となります。You knowにそれほどの意味はありませんが、会話に弾みをつけたり、次の会話にスムーズに繫げる意味合いが強くあります。文法や英語の教科書には載っていないフレーズなので知らない人も多いかと思いますが、是非使ってみてください。

「I see」など相槌をとにかく打つ

「I see」、「Uh-huh」、「sure」、「really?」、「OK」こんな簡単な単語を使うだけで、相手と会話で打ち解け合い、まさかの契約に発展することもあります。相手が英語でペラペラと喋っている間、こちらは全く意味が不明であっても、「I see」、「OK(オゥーケーィとやや伸ばすのがコツ)」と相槌を時折打つだけで、相手は心地よく会話を続けることができます。

会話に困ったら「How can I say」といえば相手が助けてくれる……かも

会話に困ったら「How can I say」といえば相手が助けてくれる……かも

相手が何か自分に質問してきて聞きたいようだけど、なんて答えていいか分からない。相手の質問している意味は分かったけど、英語でなんて説明すればいいか分からない。そんなときも多々あるかと思います。そんな時は「How can I say….」で乗り越えることができます。これは「なんて言えばいいのかな……」という意味。このフレーズを言ったあとに困った素振りをし続ければ、相手は「~ってことを言いたいのかな?」、「君が考えているのは~って感じかな?」と助け船を出してくれることがよくあります。

英語は会話のツール。相手にとっても外国語だから気を遣ってくれるはず

外国人といっても、英語がネイティブの人と話す機会はそれほど多くはありません。相手にとっても英語は外国語の場合は、会話を進めていくとおおよその英語力をお互いが察知することができます。こちらが全然喋れないと分かると、相手は簡単な単語を並べてくれたり、「Ok or No?」と道筋を立ててくれたりするはずです。これまで学校で学んだ英語力だけでも意外となんとかなるものなので、怖気づかないで、是非積極的に会話をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です