サポートプログラム

【サイト運営】個人でサイト運営。年間のかかる費用は?

【サイト運営】個人でサイト運営。年間のかかる費用は?

最近は副業で気軽にパソコンによるサイドビジネスができるようになってきました。主婦が家事や育児の片手間にお小遣いを稼ぐことも容易にできるようになりましたし、ちょっと凝ったら自分でブログを立ち上げてアフィリエイトやアドセンス広告による収益を上げ始めることもできるようになります。また、自分の手元にある服飾品やゲーム、衣類などをメルカリやヤフオクで売っているうちに、本格的にネット通販を始める人もいますね。

今回紹介するのは、パソコンでブログや通販サイトを運営するにあたって、年間の維持費、ランニングコストはどのくらいかかるのかをご紹介します。

ウェブサイトの維持費は年間どのくらい?

自分でウェブサイトを運営する場合、年間でかかる維持費は下記の通りとなります。

  • レンタルサーバー代……1万~1万5000円/年
  • ドメイン維持費……2000~5000円/年

端的に言えば、年間で必ず発生する費用はこのくらいとなります。ただし、必要に応じて下記費用が発生します。

  • 記事の作成代行費用……1000~5000円/記事
  • プラグインの更新やワードプレスのアップデート……2000~1万円
  • 機能の追加や修正……2000~2万円
  • 不正アクセスやサイトエラーによる復旧作業の代行……1万~5万円
  • 有料プラグインの購入費……1000~1万円

自分で記事を書くことができたり、ワードプレスの内部を扱うことができるのであれば上記費用はかかりません。また、不正アクセスや機能の追加などもそう頻繁にあるわけではないので、毎月のランニングコストとして計上する必要はとくになさそうです。

通販サイトの維持費はブログよりも高い

一方、ブログではなく個人で通販サイトをやりたい場合は、もう少し費用が発生します。通販サイトを運営する場合、BASEやSTORESといったネットショップサイトと契約して、通販の機能を借りることができます。この費用自体はそれほど高くはないですし、月額無料プランもあるのですが、オプションで商品点数を増やしたり、機能を追加、デザインを追加するたびに料金が発生したり、売上手数料やカード決済手数料なども割高で徴収されます。

WooCommerceという通販機能を持つシステム(プラグイン)をワードプレスに搭載することによって、上記のネットショップを使う必要はなくなりますが、自分で顧客情報を管理しなければならない他、セキュリティ対策にもある程度お金をかける必要がありますので、どちらが費用対効果が高いかは何ともいえないところです。

年間の維持費2万円以下でサイトを運営

年間の維持費2万円以下でサイトを運営

ブログでも通販サイトでも、基本はレンタルサーバーとドメイン代だけでサイトを維持することができます。最初から完ぺきなデザインや機能を持ったサイトを作ろうとすると、どんどん支出が多くなって泥沼にはまってしまう危険性もあります。サイトに発展の可能性があれば、追加で少しずつ投資をしていくのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です