サポートプログラム

【保険】請求もれを確実に防止する、すごすぎるサービス

保険と聞くと、どういうイメージをお持ちでしょうか。保険を利用する立場からすると、保険の目的はシンプルに、「万が一の時の備え」です。そしてその「備え」とは、万が一の事態において経済的支援、つまりは「お金」得るための契約です。

保険って難しくないですか?

ネットで検索すると保険に関する記事はたくさん出てきます。保険に関する解説記事、どの保険が経済的にお得なのか?等々…しかしながら、保険の請求に関する解説記事が少ないのは何故なのでしょうか。保険の本来の機能は、それを必要とした時に、速やかに補償(お金)を得ることです。補償を受け取り、損害を最小限に留める、復旧を速やかに行える状況にすることです。

それなのに、保険を買って(契約)もらうところだけ一生懸命になるというのは本末転倒であります。保険は契約してからがスタートであるべきです。そして適切に請求を促し、本来の機能をお客様に確実に利用してもらうことが大切です。(買ってもらうだけでその後の事を軽視する保険会社は今後シェアを伸ばすことは難しいでしょう。)

請求漏れが意外と多い世界

現在、保険の請求に関しては、全て契約者(利用者)の申し出によって、実現されています。これは性善説に基づいていて、契約者全員が「適切」に「契約内容」を把握していて、請求できたときの話です。

実は、請求できる機会があったのに、請求しなかったために、保険金が支払われないケースが多いのです。一体いくらだと思いますか?

IB社の推計によると、年間「1.6兆円」とのこと。すごい金額ですよね。何故、請求もれが起こるのか。これは致し方ない面もあります。現在のようにスマートフォンが普及し、全てがネットで完結するずっと前から、紙ベースでの運用を前提としたビジネスだからです。また、当時のビジネスモデルで完璧に請求漏れを防ごうと思うと多くのコストがかかってしまい、結果的に利用者へ高額なコストとして上乗せされてされてしまうからなんです。

リスク対応と、機会損失を防げ

言い換えると、1.6兆円の機会損失が発生しているわけです。特に最近は異常気象によって家屋が倒壊したり、突然の病気だったり様々なリスクに対応ができていないために、多くの方の再起のチャンスを逃してしまっていると言えるでしょう。

そこで今回ご紹介したいのは、そんな保険の請求の機会損失を未然に防ぐ便利なアプリです。

保険の請求もれを防ぐアプリ 保険簿

このアプリ、何がすごいかというと保有している保険証券を撮影しておくだけで、保険の請求タイミング、請求方法を教えてくれるのです。また、本人だけではなく、家族を登録しておくと、家族が代わって請求することも可能にしているので、お父さんお母さんに代わって手続きを進めることも可能なんです。

対応する保険も、ほぼ全ての保険に対応しているそうで、なんとクレジットカードの付帯保険についても対象となっています。クレジットカードの保険といえば、海外旅行での不慮の事故による保証であったり、購入したものの盗難、破損に備えるなど、身近な内容も多いため重宝します。

お守りみたいな”保険簿”、なんと無料です。そして余計な広告も表示されないのでスッキリスマートに利用できるのが嬉しかったりします。保険証を撮影して持っておくだけでなので、まずはお試しを。

日頃からリスクに備えておきたいものの、備えれば備えるほどリスクの管理が大変になりがちです。あなたも、”保険簿”を導入して、スマートに賢くリスクに備えませんか。

参考 保険の請求もれを防ぐアプリ保険簿 参考 「世界一カンタンな保険の1分講座」はじめます!井藤健太【保険簿のCEO】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です