サポートプログラム

【ラグジュアリー】海外ブランドを安く買う方法

海外ブランドを安く買う方法

高級ブランド、及び海外のブランドを購入する場合、どうしても日本で買うと高くついてしまいます。これは関税だけではなく消費者に届くまでに複数の問屋や販売店が絡むため。しかし、ここでご紹介する方法を試してみれば、通常よりも安く海外のハイブランドを購入することができますし、日本未上陸のブランドも手に入れることができます。

自分で海外の正規販売代理店から直輸入する

自分で海外の正規販売代理店から直輸入する

通販サイトの利用に慣れている方であれば、海外の正規代理店やアウトレットサイトから直接購入するというのも1つの手です。関税分の支払いがありますが、それを踏まえても2~3割ほど安く買うことができますし、日本には未上陸のモデルも買うことができます。海外のサイトのため、もちろん英語か現地語のみとなりますが、Google翻訳にサイトのURLを入力するだけで、サイトを丸ごと日本語に翻訳できるのでご安心を。購入方法などはほとんどの日本の通販サイトと同じですが、価格だけはしっかりと表記通貨から日本円に換算して確認するようにしてください。

海外在住者に依頼する

海外在住者に依頼する

日本人の間ではあまり認知されていませんが、海外在住者が多い韓国や中国といったアジア圏の人々にとっては比較的メジャーな方法がこちらです。業者を通すとどうしても高くなるため、FacebookやCtoCのマッチングサイトなどで知り合った海外現地在住者と個人間でやりとりします。こちらが購入希望商品の写真やモデル、日本での定価や新品・中古品の販売価格を提示し、在住者が現地で調べて日本よりも安く購入することができるなら商談成立。在住者には数千円の手数料を払うだけとなります。

並行輸入品を購入する

並行輸入品を購入する

賛否両論あるかと思いますが、並行輸入品を購入するのも1つの方法です。最も多いのは個人の業者が商品を海外現地で調達し、ハンドキャリーで日本に持って帰り販売する方法です。ただし、それ以外にも海外現地のバイヤーとブランドが裏で取引して並行輸入品を卸しているケースもあれば、ドン・キホーテのように企業体として大々的に行っている場合もあります。いずれにしても並行輸入品は輸入者の身元さえしっかりしていれば、商品自体は本物となります。

海外在住者をうまく利用するのがポイント

海外在住者をうまく利用するのがポイント

日本人の多くは、本物を買いたい場合は日本国内の実店舗に足を運び、ネットで買う場合は信頼のおける大手通販サイトで購入しようと考えます。しかし、昨今では多くの海外在住日本人が個人輸入や購入代行を行っていますので、これらをうまく利用すれば、驚くほど安く海外ブランドを手に入れることができます。是非チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です