サポートプログラム

【うさぎの自由帳】母乳と離乳食の不足について冷静に説明出来る赤ちゃんとは

こんにちは!うさぴょんです!

クリスマス当日までいよいよカウントダウンが始まって参りました。寒さは厳しくなり、先日珍しくポカポカするなぁ~と微笑んでおりましたところ、そういえば朝、背中にカイロを貼ってきたのだった!と思い出しました。

さて、早速、今回は「きょうだい児」や「きょうだい」の抱える具体的な悩み・困難についてお話させて頂こうと思います。

 分かりやすい説明文の書き方の基本のキと致しましては、まず詳細に各論を述べる前に

どういったものがあるのか全ての要点を列挙して、目次のようにそれこそ番号でも振って、

  • ほにゃらら 2.ほにゃらら 3.ほにゃらら ・・・

というように、まずは書き出してから、次に

  • のほにゃららについての詳細な説明 

に入らせて頂くというのが、読者にとって読みやすく、また理解し、把握しやすい書き方である…ということ位は、私も存じてはいるのですけれども、、、

 う~ん、まず最初に、全てのきょうだい児・きょうだいの悩み・困難について書き連ねてしまったら、当事者の方々、きょうだい児・きょうだいの身近にいて、彼らのことを大切に思っている人ほど(ご両親とか)、やるせない気持ちに陥ってしまうのではないかと懸念致しまして、、、

 あえて、そんな論文のように「明瞭さ」を第一義にもってこなくても、ソフトに、なるべくソフトに心にお届け出来たらいいなぁ~ということを第一義にもってこようと思いまして、、、

 よって、グダグダとだらだらと?!思いつくまま、気の向くまま、一話、一課題くらいのペースでの~んびりとお話させて頂こうかなぁ~と思っております!

 で、早速、今回はですね~、きょうだい児の幼少期ですね。ここで直面する問題をうさぴょんなりに考えてみたいと思います。

 まず初めに、みなさま、ご想像してみて頂きたいのですが、例えば今、みなさんが赤ちゃんだったとしますね。で、どうにもお母さんのおっぱいの出が悪い。ぴぎゃん!と泣いて足りないことを伝えているのに、にぶいお母さんなのか悪気はないのだけれど伝わらない。

次に、離乳食が始まる。これまたちょっと抜けているお母さんで、人参とじゃがいもをマッシュしたものさえ与えておけばいいのだと思っていて、来る日も来る日も人参とじゃがいものマッシュしか出てこない。幼児のあなたは、どうにも飽きているし、なんだか成長にもいまいちな気がしているんだけれど、それをお母さんは分かってくれない…

そんな状況だったとします。(笑)

そんな時、赤ちゃんでありながら

「ちょっとちょっと、お母さん、あなたから頂く母乳ね、出が悪くてですね、生後6か月の赤ちゃんの一日摂取母乳推奨量に対して350㎖も足りていないんですよ~!このままこれを続けていってしまうと、わたしは栄養とカロリー量が足りず、よって3歳児検診の頃には成長が他の子よりも明らかに遅れていると指摘され、またその時に生じた体格の差はその後数年に渡って影を落とすことになりますので、どうか母乳が足りないのは致し方ありませんので、粉ミルクを買ってきて、不足分350㎖足して与えて頂けますでしょうか?」

と、お母さんに説明したりですね、

「ちょっとちょっと、お母さん、あなたね、いくら料理が不得意だからって、毎日毎日、人参とじゃがいもをふかしてつぶしただけでは飽きますし、栄養素も偏りがあって、幼児が健全に育つ為に必要な全ての栄養素やカロリーが大幅に不足しているんですよ~!

人参はベーターカロチン、じゃがいもは主にビタミンCは摂れていますが、緑の葉物野菜に含まれる葉酸が摂取出来ていませんし、きのこ類に含まれるビタミンD、はいこれは健全な骨の発育に必要なビタミンですね、こちらも摂れておりませんし、だいたい肉や魚、たまごが全く与えられていないということはタンパク質が大幅に欠如しているんですね!また、海藻類などに含まれるミネラルの類も摂れていませんし、これでは今から体を創りあげている幼児の私にとっては困る、の一言でして、、、。」

と、お母さんに説明したりですね、

出来るでしょうか?!という話しなんです。

どうにも、出来なそうじゃないですか?!

赤ちゃんや幼児が自分の成長に不足しているものを正確に認識し、不足分が将来に及ぼす影響にまで認識し、そしてそれをきちんとお父さんやお母さんに言語化して要求する!と。

そんなことが出来ている赤ちゃんや幼児、見たことありますでしょうか?

恐らく、いらっしゃらないかと思われるんですよね…

例え話が長くなってしまいましたが、要はこれが「きょうだい児」の抱える幼児期の困難さの一つだと思われます。すなわち、「なにか足りない、なにか不足している気がする…

それは漠然と感じてはいるけれども、自らその状況を大人目線で俯瞰して把握し、他者に正確に言語化して伝えることなど出来ない、不可能!!」ということです。

 なんだか話が長くなってきてしまいました。前回、日記がやたらと長くて、自分で読み返しても「長っ!」と辟易してしまいましたので、あまり長すぎる(特にこちらはクソ面白くもないお話ですし…汗)文章は今流行りの「飯テロ」(SNS上で美味しい食事の写真をアップして見るものの心を嫉妬心でいっぱいにすること)ならぬ「文テロ」になってしまうといけませんので、まだ話の途中ではございますが、一旦ここにて今日は終わりにさせて頂こうと存じます。

 本日は2020年12月21日月曜日、あと4日でクリスマスイブを迎えますね。

 本当に月日の経つのは早いものでございます。

 私はクリスマスツリーの下に自分で買ってきた自分や家族へのプレゼントを置くことにしております。12月の声を聞いたら始めます。今年は例年になく、うず高く自分へのプレゼントの山を築きあげ、こちらのミニマリストさん達と打って変わって、まだまだ煩悩にまみれたうさぎだなぁ~とわが身を恥じているところでございます。

 みなさますべての方に、素敵なクリスマスが訪れますように…

 ではまた、ごきげんよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です