Z世代は【食】に興味深々?Z世代の食トレンドについて徹底分析!

最近【Z世代】というワード、なんだかよく聞くけど、実際はよく知らない方も多いのではないでしょうか。

*ミレニアル世代:1989年~1995年頃(平成初期)
*Z世代    :1990年代後半~2000年

この時期に生まれた世代のことを指しています。

中学生時代には、既に”iPhone”があった「Z世代」。そんなZ世代の特徴としては、デジタルネイティブであり社会意識も高く、”自分らしさ・個性を追求していく傾向が強い世代”だと言われています。

SNSで発信したり、友人らの発信を受け取ったり、SNSを通じて「共有」することを、多くのZ世代が楽しみながら習慣化しています。しかも「手軽で快適」な点を重視し、手間ひまかけず、自分なりの楽しみ方や、個性を表現している点でも注目を浴びています。

今回は、2020年のZ世代のトレンドや、アフターコロナの傾向なども含め、気になるZ世代の食トレンドをお伝えしていきます!

Z世代の食トレンド:NEWTRO(ニュートロ)

【NEWTRO(ニュートロ)】とは、”新しい(New)””レトロ(Retro)”を組み合わせた造語であり、「新しい過去」を意味する言葉として、Z世代のトレンドワードとして、注目を浴びている言葉です。

生まれた頃に流行っていた、ライフスタイルや、レトロアイテムを現代風にアレンジし、楽しむ傾向を指しています。もとは韓国発のマーケティングトレンドでしたが、SNSを通じ日本のZ世代にも広がっていき、消費活動にも大きな影響を与えています。

例えば、いま大人気のカフェチェーンのプロモーションの際には、昭和レトロが漂った店舗を期間限定でオープンし、レトロの中にも新たに、現在風のアレンジを加えた点で話題になりました。

昭和レトロであり、SNS映えする雰囲気もまた、心惹かれる要素が多かったことが、話題になった一因かもしれませんね♬

Z世代の食トレンド:EXTREME(エクストリーム)

いま【Z世代】の間で話題になっているのが、見た目がとてつもなく強いインパクトのある、”背徳感満載・高カロリー食材”で知られ、「EXTREME(エクストリーム)=極端」な独自性を前面的にアピールした商品が、Z世代の間で注目を浴びています!

例えば、大人気デリバリーピザチェーンでは、ピザ+1㎏のチーズをのせた期間限定メニューを展開していたり、”即席麺メーカー”では、通常サイズのおよそ4倍のカロリー相当にもなる、大容量版を発売したことでも話題になりましたね♬

その見た目とネーミングに「エクストリーム」感があるこの商品は、Z世代に人気のYouTubeたちが、”「食べてみた」コンテンツ”として投稿したことで更に情報が拡散され、注目を集めました。

またZ世代の間では、”カマンベールチーズ”を丸ごと使う料理も人気で、そんな高カロリー食材を”丸ごと”使用しちゃい「エクストリーム」さが、彼らの心を動かしているのだと考えられますよね!

Z世代の食トレンド:STAY HOME(ステイホーム)

新型コロナウイルスの感染が拡大し、「おうち時間」が増えていくなか、デジタルネイティブなZ世代はオンラインを有効活用し、食事を楽しんでいました!

例えば、Z世代を中心に人気な女性お笑い芸人が、自身のYouTubeチャンネルにて「一緒にご飯を食べよう」と、食事風景をライブ配信しましたが、これには多くのZ世代がリアルタイムで参加しました。

また酒類メーカーが、4回にもわたり開催したオンライン飲み会では、参加者1,000名+ゲストで芸能人が参加してオンラインで繋がり、コミュニケーションを取りつつ、”一緒にご飯を食べる”という、令和ならではの新しい食体験が生まれたのです。

以前にも増してオンライン接触が高まっていく中で、SNS発信の「簡単で美味しい料理」も、Z世代から注目を集めています。

とあるTwitterユーザーが発信した、食べたくなってくるアウトドア料理動画などの影響を受け、調理に使用したホットサンドメーカーの売り上げが、急増したほどでした。

*まとめ*

いかがでしたでしょうか?

オンラインで人と繋がることが、日常生活において当たり前になっているZ世代は、人と会わなくても、「オンラインで誰かと繋がる」「一緒にオンライン上でご飯を食べる」といった、ニューノーマルな体験を楽しんでいましたね!

また最近では、在宅時間が長いからこそ、SNSに溢れている「手軽におうち時間を楽しむため」に、食を楽しんでいるのではないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。