サポートプログラム

【ミニマリスト】鍵をスマートに持ち歩く方法

鍵をスマートに持ち歩く方法

最近の家の鍵は、カード型キーになったり、スマートフォンにセットするタイプになったりと、小型化が進んできていますね。

とはいえ、従来の鍵のタイプが大多数を占めるのも事実です。私もしかりです。鍵は無くしてしまうと生活への影響が大きいものです。鍵の解錠に業者を手配したり、鍵を一式交換したり。手間と費用を考えるだけでもめまいがしてしまいますよね。そこで今回は、シンプルながらも鍵をスマートに収納できる愛用のアイテムをご紹介します。シンプルな形状なのでポケットに入れておくこともできるため、手荷物を減らし、鍵の紛失も防止できる一石二鳥のアイテムです。

財布もキーケースもかさばる

私事ではありますが、なるべくシンプルに、物を持たない生活を意識していて、外出時には小型のポーチまたはポケットに収まる範囲で行動しています。

そんな中で意外にかさばるのは、キーケース、財布です。

財布は前回ご紹介した、TheRiegeというマネークリップを利用していて、ジーンズの前ポケットに収まるコンパクトさを実現しています。もうこれなしではやっていけないほど、便利に利用しています。

既に3年ほど使っていますが、耐久性も抜群で毎日便利に活用しています。やはりポケットに収まって、ゴワつかないサイズ感というのは秀逸です!

音がしなくて、かさばらない

今回はキーケースの話になるのですが、キーケースってかさばりませんか?キーホルダータイプはジャラジャラ音がしますし、ホルダータイプだとちょっとした財布程度の大きさになったりします。

そこで、ジャラジャラ音がしない、かさばらない、ポケットに収まるキーケースを求めて行き着いたのが、「(エムピウ)m+」のキーケース「conchiglia(コンキッリア)」です。私の知る限り、この製品が最もコンパクトでコスパが良い製品です。

私は「(エムピウ)m+」のキーケース「conchiglia(コンキッリア)」の、「黒」を使用しています。金属部分も黒加工されていながらも、大人が利用しても悪目立ちしないのがとても良いです。

革はイタリア製タンニンなめし革を使用を使用しており、使い込むほどアジが出るのも特徴で、カラーバリエーションも多数あるので見ているだけで楽しいです。

鍵は4つほど入るのに本当にコンパクトなので、ポケットに入っているのすら忘れてしまうほど。

コンパクトさや機能性を追求した製品って、大抵は何かを犠牲(我慢する)にすることがあると思うのですが、「(エムピウ)m+」のキーケース「conchiglia(コンキッリア)」はそれが全くないのです。

皆さんに使って欲しい

シンプルでコンパクトでありながら品質も十分、それが3000円以下で買えてしまう、「(エムピウ)m+」のキーケース「conchiglia(コンキッリア)」。

これ、皆さんに使って欲しいと思います。誰向けということもなく、皆さんのライフスタイルにぴったり寄り添う名品です。

私は既に3年ほど使っていますが、革がヨレることもなく、むしろ革に艶が増して、保有する満足感も満たせる一品となっています。

ミニマリストな思考の方にもオススメです。造りはシンプルでも機能的なところもプロダクトとしてのポリシーをひしひしと感じることができます。安価でも手を抜かない作りも見所です。

とはいえ、1つだけ欠点があります。それは「小さすぎて肌触りが良いため、ポケットに入っていることを忘れる」ことです。洋服のシルエットを崩さず、シンプルにミニマルに鍵を持ち歩きませんか?

>>(エムピウ)m+ キーケース conchiglia コンキッリア


次世代財布はもっとシンプルなんです【ミニマリスト】次世代財布はもっとシンプルなんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です