サポートプログラム

【役に立つ】みんな知らない?アロマで正しいウィルス対策

ご存知ですか?アロマでウィルス対策!

アルコール消毒、ハッカ油よりも・・・

このコロナ禍でアルコールの供給が滞る中、消毒方法を探していたママさんも多かったと思います。まだまだ気の抜けない時期は続きますし、冬はウィルス性胃腸炎やインフルエンザなどありますし、今一度、「有効な手消毒」について考えてみるのも良いと思います。そのご参考になれば幸いです。

ドラッグストアでも手に入れやすいことから、「ハッカ油」が一部で注目を浴びてました。これは、エッセンシャルオイルでいうところの「ペパーミントオイル(和種ハッカ)」。確かにこれもとても有効です。

が、ペパーミントを始めエッセンシャルオイルの多くはその高濃度ゆえ、「原液を触ってはいけない」という禁忌事項があり、希釈を間違えると、かぶれなどのアレルギー反応を起こすこともあります。その点、小さいお子様のいるご家庭では、利用を躊躇われることもあったと思います。

原液でも触れる!

そこで、お勧めするのが「ティーツリーオイル」。ティーツリーオイルは、ラベンダーと並び、数少ない、原液でも触れる安全なエッセンシャルオイル。

海外では、病院内の空気清浄用にも利用

さらにこのティーツリーは、安全性の高さだけでなく、高い抗ウィルス作用から、海外では、病院内でディフューザーを使って、空気清浄のためにも使われているほどの信頼できる効能があります。

正しいエッセンシャルオイルを使いましょう

巷には、たくさんのアロマオイルが販売されてます。が、注意が必要です。ここで使って欲しいのは、天然のエッセンシャルオイル。香水や芳香剤目的の合成香料は有効ではありません。天然だからこそ、抗ウィルス性成分はじめ有効な成分が配合されています。その見分け方はとして、小瓶に入っているものが「精油/エッセンシャルオイル」なら「Lavandula angustifolia(ラベンダー)」や「Rosmarinus Officinalis(ローズマリー)」など、植物の学名が瓶に記載されているので参考してくださいね。

おうちで使うには・・・

では、具体的な使い方について。通常、エッセンシャルオイルをボディミストのようにスプレーで使う場合は、無水アルコール+精製水+エッセンシャルオイルで希釈します。(100mlの容器で、アルコール:小さじ4(20ml)、精製水:80ml、エッセンシャルオイル:20滴 ※1%の濃度に希釈)

無水アルコールを入れるのは、エッセンシャルオイルは揮発性があり親油性が高いので、一度アルコールに溶かす方が、うまく希釈できるためです。

が、昨今、無水アルコールがまだまだ入手困難。そんな時は、お水に溶かすだけでも大丈夫です。ただし使用前には、よーく、スプレーボトルを振ってしっかりとオイルを水に分散させてください。そうすれば、オイルの分子の塊が小さくなります。

また、精製水すら手に入らない〜という場合は、水道水でも大丈夫なんです。精製水は混じりっ気なしなので足も早い。水道水は塩素消毒されてますので、どちらかというと精製水より長持ちします。と言っても1、2週間をめどに使い切った方が良いと思います。

まとめ

・高い抗ウィルス作用を持つ ティーツリーオイル

・正しいエッセンシャルオイルを選ぼう

・水100ml+ティーツリーオイル20滴で、簡単消毒スプレーの出来上がり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。