メニュー

【セブ島】に行くならココ!おすすめスポットをご紹介

旅行はもちろん、近年では「留学先」としても人気のセブ島!

フィリピンと言えば、7,641の島々によって造られ、その中でも2番目に人気のエリアです。

アジアの中で唯一の英語圏であり物価の安さから、留学や観光客でどんどん人気急上昇している、リゾートアイランドです。そんな私もセブ島留学経験者です☆

今回は、私の滞在経験をもとに、セブ島に行くなら是非訪れて欲しい、おすすめスポットを、実体験をもとにご紹介していきたいと思います!どこに行けばいいか悩んでいる方の、参考になれば嬉しいです!♡

\まずは「るるぶ」でセブ島の予習をしておこう!♪/

created by Rinker
JTBパブリッシング
¥1,265 (2021/10/21 20:54:45時点 Amazon調べ-詳細)
目次

日本からセブ島は何時間で行ける?

日本からセブ島へ行くには、直行便と乗り継ぎの2つの方法で行けます。直行便だと約5時間乗継便であれば、約9~10時間程かかります。

私はやっぱり楽なので、直行便を利用していました!フィリピンエアでフィリピンのご飯を先取りできるのも良かったです!美味しかった~♡

ハワイの直行便と比べても、フライト時間時間が短いのもセブ島旅行の最大のメリットかと思います♪

なんといっても物価が安い!

フィリピンと言えば、「物価が安い」点も魅力のひとつです!

私が留学した当時も、ワインが150円、ビール80円、焼き鳥8円、マッサージが300円、食べ放題が150円~300円で食べられましたよ!

食べ物やマッサージだけではなく、水着などの衣服も300円程で買えるので、自分用にはもちろんお土産にもよく購入していましたよ☆

何を買うにも安いうえに、ご飯はとっても美味しくて、最高の国だな~って思います♡

フィリピンのおすすめフード

フィリピン人のソウルフード・レチョンは、豚一匹を丸焼きにして、塩で味付けをした伝統食で、伝統行事やおめでたい日にはレチョンを食べます

シンプルな味付けなのですが、これがまた病みつきになる美味しさなのです!私も何度か食べましたが、皮がパリパリと美味しく、お肉も柔らくてご飯との相性もバッチリで、箸を止められない美味しさでした♡

こちらも私が病みつきな料理だった、フィリピン料理「シーシーグ」です!

東南アジアと言えば、香辛料が強く、それが苦手な方も多いと思いますが、フィリピン料理は基本的に「醤油ベース」で、日本人も馴染める味付けがされています。

半年間、セブ島にいましたが料理に困ることはほとんどありませんでしたよ♪

コロンストリート<カルボンマーケット>

次におすすめする場所は、「コロンストリート」の、カルボンマーケットというエリアです。食べ物・アクセサリー・衣服・DVDなどなど、東南アジアならではの活気が溢れています。

特に現地で人気なのは、このTwitterにも寄せられている「海賊版DVD」です!日本ではあり得ないことですが、ここでは日常なのです(笑)しかもスラムダンクの人気アニメから、映画などそのジャンルも、さまざま売られていました!

しかし、セブでも最も危険なエリアとも言われていて、盗難・強盗なども頻繁に起こっているので、行く際には、現地人と一緒に行くことをおすすめします。私も怖いので、現地の先生と一緒に行きました◎

コスパ最高なスパ&マッサージで癒されよう!

セブ島に行ったなら、旅行疲れにはもってこいな、スパ・エステ・マッサージを是非堪能して欲しいです!

例えばスパなら、60分で約1000円とコスパ最高のコースを満喫でき、そのクオリティもマッサージ学校を卒業した方々によるプロの施工なので安心です。

私はよく語学学校の近くにあった、タイ古式マッサージ(なぜかタイ….笑)が300円だったので、ルームメイトとしょっちゅう行ってました♬

展望台TOPSでロマンチックな夜景を堪能しよう

夜の観光では、セブの人気夜景スポット「TOPS」をオススメします!TOPSは山頂にあるので、セブの街並みやマクタン島をも一望できますよ♪

恋人とロマンチックな時間を過ごしたい方には、特におすめしたいスポットです♪私は語学学校のアクティビティで訪れましたが、その夜景の迫力に感動しました!しかもセブ島は星空が綺麗で、今でもあのロマンチックな夜は忘れられません….☆

TOPSは山頂なので、アクセス的に旅行者には難しい場所なので、TOPSを訪れるならば、事前に移動手段を確保しおくようにしましょう◎

スキューバダイビング

セブ島で体験して欲しいのが、「スキューバダイビング」です!

他のどの国で体験するよりも安く、私は2日コースで「アドバンスライセンス」まで取得しましたよ♪ですが韓国人が先生だと、もちろん英語なのである程度英語力がないと理解できないかもしれません^^;

しかし、その海の透明度は感動もので、ニモや綺麗なお魚がたくさん泳いでいてかなり癒されました。私は「ナイトダイビング」も体験しましたが、「海ほたる」も見れて、本当に忘れられない体験をしました☆

セブ島と言えば、アイランドホッピングなど他にもたくさんの海のアクティビティはありますが、スキューバダイビングはコスパもいいので、是非体験して欲しいです♡

ボホール島

日帰りで行けるので、「ボホール島」もおすすめの離島です!セブからボホール島までは、フェリに乗って約1時間50分ほどで到着しました。

ボホール観光で人気なのが、世界最小のメガネザル「ターシャ」です。その小ささは想像以上ですが、かなり可愛くて癒されますよ☆

チョコレートヒルズ

ボホール島に行くなら忘れてはいけない、世界遺産「チョコレートヒルズ」もおすすめです!

このチョコレートヒルズは、石灰石で作られたおよそ1200個以上もの山々が連なり、360°丘に囲まれたその景色は、圧巻ものでした。

乾季の時期に訪れると、草木が枯れて茶色くなり、それがまるでチョコレートのようだからと名付けられたそうで、私は雨期の時期に行ったから、緑の山しか見れなかったので、今度は乾季の時期に行ってみたいです♪

ボラカイに行ってみたい!

セブ島ではないのですが、フィリピンを訪れたら是非行って欲しいのが「ボラカイ島」です!実は私もまだ行けてないのですが、現地人からも勧められるほど世界屈指のホワイトビーチとして有名なんです☆

ボラカイ島は、マニラとセブ島の間に位置し、セブ島からの移動には飛行機とフェリーを利用します。ボラカイ島ではビーチでのんびりしたり、ダイビングなどがおすすめです!

旅行日数に余裕がある方は、ぜひ1泊かけて、ゆっくりボラカイ島を満喫してみてください♬私も次、セブ島を訪れるときは、ボラカイ島にも立ち寄りたいと思っています^^

\観光・グルメ・スパ情報も満載!これでセブ島をマスター!/

created by Rinker
¥978 (2021/10/21 20:54:45時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

他にもまだまだご紹介したい、おすすめスポットがたくさんあるので、追記していきたいと思いますので楽しみにして頂けると嬉しいです♡

セブ島の人々も愉快で優しく、物価が安く味も日本人好み、海も綺麗で、最高に癒しな時間を過ごせること間違いありません!私は、老後の永住先に考えているほどです♪

コロナが落ち着いたら、セブ島観光へお出掛けしませんか?♪

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる