メニュー

お疲れな胃腸やダイエットにはボーンブロススープ!糖質を控えた主食も

ダイエット中や、胃腸の調子が良くないというときなど、ヘルシーな物が欲しくなりますよね。今回は、そんなヘルシー欲を満たしてくれる昼食のおススメをご紹介します。

目次

ボーンブロススープ

ボーンブロススープとは、牛・豚・鶏・魚などの骨と野菜を長時間煮込んで作るスープです。

ボーンブロスは非常に栄養価が高く、グルコサミノグリカン、グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、コラーゲンなどが凝縮されています。

このスープだけでも沢山の栄養が詰め込まれているので、他に色々と食べなくても良いですし、味付けは塩だけで十分美味しいのです。

ダイエットをされているのであれば、1日1食をボーンブロススープに置き換えるなどすると良いです。

また、食事と食事の間にお腹が空いたときにも、ボーンブロスなら豊富に含まれたコラーゲンのおかげでお腹がとても満たされます。

ご自分で作るのも良いですし、市販でも売っています。

私はお正月の食べ過ぎで胃腸の調子が悪くなったときなど、ボーンブロススープを作り飲んでいます。

さっぱりしているので食欲が無くても飲めますし、逆にお腹が空いているときに飲むと、本当に満たされます。

手羽元で簡単に作ることができるので、家族のおかずにもなりますよ。

糖質0麺

糖質0麺は、レタス3個分の食物繊維、カロリーは1パック13kcal。

また、こんにゃくでできているのに全然こんにゃく臭くありません。

ラインナップも平麺、丸麺、細麺とあり、レシピに合わせて選ぶことができます。

平麺ですと、パスタ、きしめん、カレーうどん

細麺を使ってそうめん。丸麺を使うとやきそば、ナポリタン、ジャージャー麺、マカロニサラダ、ラーメンなど…

カロリーの高いラーメンやカレーでも、糖質0麺を使えば一気にカロリーも糖質もダウン。

ダイエットをしているけれど沢山食べたいときなど、糖質0麺は大活躍です。

妊娠中のお腹が空く時期、あれもこれも欲望のままに食べていたら一気に体重が増えてしまうので、よく糖質0麺にお世話になっていました。

体重を増やしたくないので、ご飯やパンの代わりを糖質0麺にして、しっかりと糖質の高い根菜やイモ類を食べていました。

まとめ

最強なのは、ボーンブロススープに糖質0麺を入れて食べることではないかなと思います。

ボーンブロスは栄養満点なのでスープをしっかり飲み干せるのが嬉しいですし、それに0麺を加えたらかなり満足度は高いと思います。

この時期、ダイエットや胃腸がお疲れな方はとても多いと思います。

ボーンブロススープや0麺で一度リセットするのも良いですね。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる