メニュー

Z世代の暮らしとは?他世代でも見習うべき点がたくさんあります

Z世代とは2021年現在で23歳〜9歳までの若者のことをいいます。別名「ソーシャルネイティブ」と言われ、TwitterやFacebook、Instagramなどが身近にある中で育ち、もっともSNSに強い世代といわれています。

情報収集や情報発信することに優れているZ世代は、流行を作り今の日本経済に大きな影響を与えています。そんなZ世代の暮らし方や大切にしている価値観とは何でしょうか?

新しい考え方をするZ世代に私たちが学ぶべきことはたくさんあります。今回はZ世代に習う暮らしや価値観、働き方について紹介します。

目次

Z世代が関心を寄せる多様な暮らし方

Z世代は多様な暮らし方に関心を寄せています。田舎暮らし・郊外暮らし・都会暮らし全てにおいて、Z世代の関心が他の世代よりも高いことが意識調査の調べで分かりました。「自然環境に恵まれた田舎暮らし」「利便性の高い都会暮らし」どちらに憧れをもつのは、全世代共通で普通のことですよね。

しかしZ世代は「近郊暮らし」に最も関心が高く、この結果は理想と現実のバランスを考えた柔軟性を表しています。理想や憧れよりも、現実的なことに関心が高いことが分かりますね。

高い理想を抱くよりも、現実的に物事を考えるZ世代の特徴とも言えるでしょう。

ワークバランスとプライベートへのこだわりがすごい

Z世代は非常にプライベートの充実を重視します。「会社のために尽くす」「周りの考え方に合わせる」などの考え方はしません。「プライベートを充実させるために仕事をする」という考え方をします。

そしてZ世代は身の丈に合わない贅沢、地位や名声に興味がありません。仕事の中に自分の価値観を置くのではなく、充実したプライベートの中に自分の価値観を見つけます。会社や職場に依存しない考え方ができる世代なんですね。

またZ世代の特徴としては、転職活動に抵抗がない、働き方に柔軟性を求める、フリーランスに対しての関心が高いなどが挙げられます。

「どうして満員電車に乗らなければいけないのか?」「どうして女性はパンプスを履くのが当たり前なのか?」私たちが普段当たり前だと思い生活していることでも、Z世代は「おかしい」と指摘し、それを発信していく力を持っているのでしょう。

無駄なことにお金を使わない

Z世代は自分が納得しない、無駄なことにお金を使いません。みんなが憧れるブランド物などには興味はなく、自分が気に入ったもの・使いやすいものを買う傾向があります。

また「一目惚れ」などのフィーリングで物を買う特徴があります。「SNSで紹介されているのを見て一目惚れし、商品を買う」という流れも非常に多いですよね。この動作は現在のマーケティングで非常に大きな影響力があります。

そしてZ世代は物だけでなく、「経験」に対して浪費することを惜しみません。「感動できる体験」「癒される場所」「リフレッシュできるグルメ」など自分の人間性を高めるためにお金を使うのです。関心してしまうほど理想的なお金の使い方をしますね。

大人になってくると断れない付き合いや、納得できない出費はたくさんあります。しかし自分の人間性を高めるためのお金の使い方については、私も見習わなければと思いました。

Z世代が大切にする価値観とは?

Z世代が大切にしている価値観とはなんでしょうか?SNSが深く浸透しているZ世代は、「人と共有したい」という意識がとても高いです。直接目に見えないネットワークも多く持っており、日本に留まらす、世界にまでコミュニティをSNSを通して広げています。

Z世代が大切にしている価値観とは、人との繋がりです。「常に人と繋がっている感覚が好き」という人が多く、感動や気持ちを共感するためのコミュ二ティを重視しています。また「場所に自分を合わせるのではなく、自分に合った場所を探す」などの考え方をするのもZ世代の特徴です。自分らしさを大切にし、その独自スタイルを他人に見てもらいたいと思っています。

しかしそれを他人に強要することはありません。それぞれの独自スタイルを大切にし、広くコミュニティを広げているのです。一世代前までははよく「ネットでの繋がりは危ない」「目に見えない相手は信用できない」など目に見えないコミュニティに対して抵抗を感じる人も少なくありませんでした。

今では「いいね!」ボタンを押すだけで、世界中の誰とでもコミュニティを広げることができます。SNSを先駆者として利用しているZ世代の柔軟性が、今のコミュニティの姿を作り出しているのでしょう。

Z世代に習う!これからの働き方

柔軟性を持ち、自由なスタイルを大切にするZ世代に私たちが習うべきものは多くあります。特に働き方については、テレワークが普及するにつれてZ世代の考え方はますます重要視されるようになってきました。「オフィスに囚われず自由なスタイルで働く」という考え方は、まさに現在の社会にとって必要不可欠です。

またパワハラ・モラハラなどを積極的に糾弾する、気の進まない職場の飲み会には参加しないなど、Z世代は働き方改革の先駆者にもなっているのです。

今まで当たり前とされていた働き方が、大きく変わろうとしています。私たちもZ世代に習い、柔軟性を持った考え方で新しいスタイルを受け入れていかなければいけません。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる