MENU

【大人の雑学】人生を悔いなく過ごす上で必ず役に立つ雑学!

人生を悔いなく過ごす上で必ず役に立つ雑学!

人生を悔いなく過ごすというのは、ある意味人に課せられた命題のようなもの。人生100年時代が近い将来到来することが予想されるように、歴史を追ってみると、人の寿命は右肩上がりに伸びていることが分かります。しかし、人生の『質』に目を向けてみると、もしかすると誰もが幸福な人生を歩んでいるとは言えないかもしれませんね。

そこで、今回は人生を悔いなく過ごす上で知っておいてほしい雑学をご紹介します。

目次

動物の死の体感速度は同じ

生物の死の体感速度は同じ

あらゆる動物の『死』の体感速度は同じと聞くと、ちょっと違和感を覚えます。例えば人の寿命が80年とします。一方犬の寿命は10年、セミの寿命は1か月と種別によって大きな差がありますが、生まれてから死ぬまでの個の体感速度は似たようなものであると言われています。犬にとっての1日は人の8倍ほど長いと感じているのかもしれませんね。

人の寿命はもともと「38歳」だった

人の寿命はもともと「38歳」だった

近代科学はまさに日進月歩。昨今の研究では最新のDNA解析によって、さまざまな人類や動物の歴史が分かってきました。それによると、動物の寿命というのは、最初のDNA配列で既に決まっていて、多少前後するものの、ほぼ“予定通り”に『死』を迎えるとのこと。そして、肝心の人の寿命は、当初は38歳であったことも分かりました。しかし、生活様式の進歩と変化によって、DNAが徐々に書き換えられて、現在に至るようです。昔と比べると、同じ人間であるものの、2倍以上も長生きしていることは、少々驚きですよね。

人は最後の最後まで「死」を客観的に受け止める

人は最後の最後まで「死」を客観的に受け止める

例えば病床に伏し、死が間近に迫っている病人・けが人も、意識があるうちは、最後の最後まで「自分は“今は死なない”」と考える傾向にあるようです。これは“死”というものが想像の範囲を越えていて、脳が受容することができないためと言われています。重い疾患で医師から余命を宣告されたとしても、それは同じとのこと。ちなみに、人は年齢を重ねるごとに死への恐怖が和らぐように遺伝子に刻まれているともいわれています。

自分の最愛の人を見つけることができる確率は「63%」

自分の最愛の人を見つけることができる確率は「63%」

例えば人生で100人の異性とデートを重ねるとします。お付き合いする中で、自分のタイプ(性格や容姿などさまざまな要素)がどれか当てはまり、感情的に「この人いいな」と思う確率は、63%であることを数学で証明することができるようです。もし、まだ最愛の人と出会えていないのであれば、引き続き出会いを求めてみてはいかがですか。だって運命の人と出会える確率は五分以上あるのだから。

明日から人生の意味を模索してみてはいかが

明日から人生の意味を模索してみてはいかが

後悔のない人生をおくる、というのは非常に困難のこと。年をとってから人生を振り返ってみて、「あのとき、あの選択をしていれば……」と後悔をしないよう、明日から自分が生きる意味、人生の目標を少しずつ模索し、計画を立ててみてはいかがでしょうか。

多くの方の目に留まるよう、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
人生を悔いなく過ごす上で必ず役に立つ雑学!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる