メニュー

【サイト運営】就活、転職サイトの運営は儲かる?

サイト運営で生計を立てている、もしくは生計を立てようとしている方は、常に最新のトレンドを押さえて、ニーズに即した新サイトを構築する必要があります。

そこで、現在トレンドに上がっているのが、「就活・転職」の情報サイトです。拡張性もありますし、トレンドといっても時代ともに廃れるものでもありませんので、長い時間かけてサイトを成長させることができます。

目次

経済の波に釣られるが、いつの時代でも必要とされる

経済の波に釣られるが、いつの時代でも必要とされる

就活・転職状況はその時々の日本国内、もしくは世界経済のトレンドによって波がありますが、労働者人口に大きな変動がない限りは就活・転職サイトは常に高い需要がありますので、高品質なサイト構築を心がけ、SEO対策がうまくいった暁には恒常的な利益を見込むことができます。

昨今の新型コロナの影響でさらに需要が高まる

昨今の新型コロナの影響でさらに需要が高まる

2020年は新型コロナが世界全体の社会に大きな影響を及ぼした年となりました。それに伴い有効求人倍率はおよそ1.2倍で、新型コロナの影響を受けて2020年8月時点では6か月の連続の悪化。また、さらに求人を求める労働者の人数は前月から18%増加し、この悪化率の増加は統計をとった1963年から数えて初めての出来事となります。

そのため、仮に新型コロナに収束の兆しが見えたとしても、今後は企業のスリム化、リモートワーク化が進み、向こう数年、ないし10年は就職が困難な時代を迎えると予想する専門家も多くいるほどです。

求められる良質な就活・転職サイト

求められる良質な就活・転職サイト

昨今は大手人材紹介・派遣企業の運営するサイトからまとめサイトまで多数の就活・転職サイトを見ることができます。しかし、就職に厳しくなればなるほど求められるのは、サイトの質となります。SEOだけを意識した薄っぺらなサイトではなく、サイト訪問者が求めるニーズを提供してくれるサービス、解決してくれる価値のあるサイトがより一層求められています。また、就活を考えている人は、一つの転職サイトだけに頼ることは決してしません。自分の人生がかかっているため、いくつものサイトを参考にしますので、比較されても自分に優位性のあるこだわったサイトを考えてみるといいでしょう。

もしそういったサイトを構築することができたら、Googleアドセンスやアフィリエイトなどと結び付けて、収益化することも十分可能となるでしょう。

就活・転職サイトの運営は儲かるのか

就活・転職サイトの運営は儲かるのか

上記でいう収益化は、「生活できるだけの利益」が立つことを意味しています。ただし、一般的な転職サイトではマイナビやリクルートといった大手には太刀打ちできませんし、今から立ち上げるのであれば、数千のインデックスがあるまとめサイトにも敵わないでしょう。そのため、優先したいのは「特定ジャンル」、「特定地域」、「ニッチ」といったある程度需要を絞り込んだコンセプトのサイトがおすすめです。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる