メニュー

セブ島移住はコンドミニアムがオススメ!生活費や人気エリア特集

近年ますます海外移住する方が増え、なかでもフィリピンのセブ島が候補先として人気を得ています。

また日本人移住者がセブで賃貸を選ぶ際に、人気を得ているのが「コンドミニアム」ですが、贅沢さえしなければ、1ヶ月50,000円以下でも十分暮らしていけます。

今回は、セブでの生活費やおすすめエリアをまとめましたので、セブ島移住を検討されている方は参考にして頂けると嬉しいです!

目次

セブでコンドミニアムを貸りた時の1ヶ月あたりの生活費は?

「コンドミニアム」とは、キッチン・家具付き物件のことです。

実際にセブ島で借りられるコンドミニアムの、1ヶ月の家賃例をご紹介しましょう☟

<古め・広い1Kタイプの場合>

・家 賃:11,000ペソ

・管理費:1,400ペソ
・電気代:約1,200ペソ
・水道代:150ペソ(月)

=合計:13,750ペソ(約28,200円)=

この通り、住居費には約30,000円が掛かります。

セブ島での1ヶ月の生活費

セブ島での1ヶ月の食費は、約8,000ペソ(約18,180円)ほどになります。

大体の内訳は下記の通りです。

・食 費:5,000ペソ(自炊の場合)
・外食費:3,000ペソ(1回150ペソ~300ペソほど)
・交通費:500ペソほど
・ガス代:1ヶ月150ペソほど(プロパンの場合)

・ポケットWi-Fi:1ヶ月800ペソほど

セブ島はとにかく、外食費が安く済みます◎

贅沢などせず、ローカルなレストランや食堂であれば、1食50ペソ(約114円)もあれば、お腹いっぱいになりますよ♪

ここまでで、「住居」+「生活費」をまとめると…

住居費用が約30,000円、生活費が約18,180円で、合計は48,000円ほどで暮らせる事が分かりました。

コンドミニアムはセブ島の人気エリアから探そう!

1.アヤラエリア・AYALA(セブビジネスパーク)

日本人が選ぶコンドミニアムから、最初にご紹介するのは「アヤラエリア」です!

アヤラエリアとは、アヤラモール(アヤラセンターセブ)を中心とした、セブのビジネス中心地になります。

銀行、外資BPOなどが集まり、アヤラ財閥が開発している都心で、ビジネスで移住してきた方におすすめです◎

<参考価格>
1ベッドルーム・クラシック(約18,000,000円)

2.ITパーク(ITPark)

次にご紹介する日本人が選ぶコンドミニアムのエリアは、「ITパーク(ITPark)」です!

「ITパーク(ITPark)」は、外資IT企業が集まり”24時間眠らない街”として知られています。

数々の有名外資BPOやITビルが立ち並び、飲食、ファーストフード、公園などがあり、2019年末に2つ目のアヤラモールも完成したので、より暮らしやすくなりました。

<参考価格>
1ベッドルーム(約15,822,000~20,766,000円)

3.マクタン島(リゾートエリア)

最後にご紹介する日本人が選ぶコンドミニアムのエリアは、リゾートエリア・マクタン島です!

マクタン島は、国際空港がある海沿いエリアで、リゾートエリアとしても人気を得ています。

もともと海が見えることで観光客に人気なエリアでしたが、近年は開発が進み居住地としても住みやすくなってきました。

<参考価格>
1ベッドルーム(約36,200,000円~)

*まとめ*

いかがでしたでしょうか?

セブ島は日本人にも優しく、年中温かな気候で暮らしやすいうえに、居住地も食事に関しても安いので十分暮らしていけるリゾート地です。

ただし英語でのやり取りは必要なので、最低でも日常英会話レベルでなければ暮らすのは厳しいでしょう。

英語を話せない方は、暮らすための英語力を身に着けるために、語学留学を先にしておくことをおすすめします。

(※語学留学も3食付きで格安ですよ!)

セミリタイアを目指し、素敵な移住生活を叶えましょう♪

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる