メニュー

初心者でもこれでバッチリ!基本的なプレゼンテーション構成の作り方!

  • URLをコピーしました!

会社に勤めていると、大事なプレゼンをする機会が少なからずありますよね?しかしスムーズで簡潔的な内容でなければ、相手に良さが伝わりません。特に初心者の方は、慣れないプレゼンにプレッシャーを感じてしまいますよね。

そこで今回は「初心者でもこれでバッチリ!基本的なプレゼンテーション構成の作り方」について解説していきます。

プレゼンテーションはなんといっても、構成が命です!主旨が伝わるいいプレゼン構成を作っていきましょう。

目次

伝わりやすいプレゼンテーションとは?

先輩や他の人のプレゼンを見て、「上手いなあ」「スラスラ入ってくるなあ」と感じることありますよね。伝わりやすいプレゼンとそうでないプレゼンの違いは一体何なのでしょうか?

良いプレゼンテーションの特徴を3つまとめました。

適度なスピード感がある

「スラスラ入ってくるなあ」と感じるプレゼンは適度なスピード感があります。スピードが早いと何を伝えたいのか分からなくなってしまいますし、反対に遅いと相手からの関心を得られにくくなります。

緊張してしまうと、どうしても早口になってしまいがちですよね。理想はテレビでニュースを読み上げてるアナウンサーの速さを心がけてみることです。

1分間に300〜350文字を意識してみましょう。

ストーリー性がある

「上手いなあ」と感じるプレゼンには、必ず聞き手を引き込むストーリー性があります。自分自身の経験談や、紹介している商品がどのようにして生まれたのか。

ストーリー性を入れることで聞き手の感情を揺さぶり、より良さをイメージしてもらいやすくなりますよ。

ここで感情を取り入れることでグッと相手の心を掴んじゃいましょう!

情報量が絞られている

初心者にありがちなのが、情報量を多く取り入れてしまうことです。

確かに相手に良さを伝えようとしてたくさんの情報を取り入れたくなってしまいますが、多すぎる情報はかえって相手に伝わりにくくなってしまいます。

パワーポイントやスライドを使ってのプレゼンは、1スクリーンに1〜2メッセージを目安に。優先順位の低い情報はなるべく削るようにしましょう。

良いプレゼンは3つの構成でできている

プレゼンテーションの基本となる構成は以下の3つで成り立っています。

順番に説明していきますね。

序論

序論は一番始めの「イントロ」と呼ばれる部分です。ここで聞き手の関心を高め、聞く姿勢を作ってもらいます。

プレゼンのテーマや趣旨、最終的な目的などをここで伝えていきましょう。

聞き手が理解しやすいよう、プレゼンのおおまかな流れをざっくり説明するのも効果的ですよ。

本論

序論が終わったら次は本論です。プレゼンのメインを話す部分ですね。

ここでは「問題点」「共感」「解決方法」「商品紹介」「購入後の未来」「具体的なイメージ」などを話していきます。具体的にイメージしてもらい易くするために、数字や実績を取り入れていくのがオススメですよ。

「商品の良さ」を伝えるのではなく、聞き手が実際に商品を取り入れたあとの「購入後の未来」を伝えることによって、聞き手の購買意欲をかき立ててみましょう。

結論

結論は最後の締めの部分になります。本論の内容をざっくりまとめ、プレゼンの趣旨を再確認してもらいましょう。

大まかな内容は序論と同じでよいです。

「なぜこの場を設けてもらったのか?」「プレゼンの目的や趣旨」などを振り返って最後の締めくくりをします。

覚えておきたいPREP法とSDS法!

PREP法とDESC法は、伝わりやすい文章を作るための作成手法です。

こちらを指揮することで、内容に深みが生まれ、聞き手の頭にスラスラ入ってくる内容の文章を作ることができます。

順番に説明していきますね。

PREP法とは?

P(Point):結論を先に述べる

R(Reason):結論に対する理由を述べる

E(Express):理由の内容を事例や具体性を取り入れて述べる

P(Point):結論を再度述べる

聞き手は何を言われるのか分からない状態でプレゼンを聞くと、内容のどこに注目して聞き取るべきか分からなくなってしまいます。PREP法とはそのような事態を未然に防ぐために、結論を先に述べてしまう方法です。

SDS法とは?

S(Summary):要点を述べる

D(Details):詳細を述べる

S(Summary):再度要点を繰り返す

SDS法は物事を簡潔に、シンプルに伝えるために用いられる手法です。要点を再度繰り返すことによって、聞き手の記憶に残り易くなります。

良いプレゼンテーション作りに実践は不可欠

ここまで基本的な構成作りを紹介してきましたが、基本を学んだからといって1発で完璧なプレゼンができるという訳ではありません。本番はどうしても緊張してしまいますし、予想外のことも起こるでしょう。

聞き手を自分のペースにしていくスキルは、やはり実践が不可欠です。会社でプレゼンが上手な先輩や上司はいませんか?

そんなときにはこちらの本を読んで勉強してみましょう。

プロをまねることが一番の近道ですね。

まとめ

今回は「初心者でもこれでバッチリ!基本的なプレゼンテーション構成の作り方」について紹介しました。

会社に勤めていると、どうしてもプレゼンテーションを計画する機会があるでしょう。そんな時のために、基本的な文章作成手法があります。

これに則ってどんどん文章作成に慣れていってくださいね。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる