メニュー

全国のブラック企業で働く貴方に「退職代行ガーディアン」

近年働き方改革によって、少しずつではありますがブラックな職場も減ってきています。しかし、依然として全国を見ると過酷な労働環境に置かれ、パワハラを受けて辞めたくとも辞められない会社員も多いようです。そんなときの切り札として利用したいのが、「退職代行ガーディアン」です。

目次

2012年頃から注目された民間の退職代行

2012年頃から注目された民間の退職代行

民間の退職代行が注目されたのは、2012年頃にテレビで代行業務が紹介されたのがきっかけと言われています。それ以前から退職代行という業務自体は存在していましたが、金銭交渉に関わるため、弁護士の範疇だったので、あまり知る人はいませんでした。

ブラックな職場で辞めたくとも辞められない会社員が急増中

昔から日本の社会問題となっている「ブラック企業」。三六協定すら違反する長時間の残業を強いたり、パワハラを躊躇いもなく行う先輩上司の存在。辞めたいと退職届を出しても受理してくれなかったり、根性論で押し切られたり、辞めさせてくれない問題も全国で見受けられます。

退職代行に依頼するとどうなるの?

退職代行に依頼するとどうなるの?

会社を辞めたいけど辞められない。そんなときに利用価値が生まれるのが「退職代行」です。では、退職代行に依頼した際は、どのような流れで退職までたどり着くのでしょうか。

  1. LINEのテキストチャットなどで、退職代行と詳細のヒアリング
  2. いつ辞めるか決めたら、その日に合わせて業者が会社に電話連絡
  3. 有給休暇の消化や残業代・退職金の請求と交渉も可(場合によってオプション)
  4. 利用者は業者が会社に連絡した日から出社の必要はない
  5. 退職した後日に会社から自宅に離職票が送られてくるので、それをもって失業保険の申請へ

従業員の退職は民法によって守られていて、会社の意思とは関係なく退職を申し出てから2週間後に辞めることができます。しかし、実際のところ離職票の手続きや有給休暇の消化、退職金の請求などが関わってくるので、自分の意思だけで辞めることは非常に困難です。そこで、法律を盾に退職を代行してくれるのが、退職代行の本来の任務ということになります。

退職代行と非弁行為の関係

退職代行はよく「非弁行為」と言われていますが、これは上述した金銭交渉を代理で行うことができるのは弁護士のみで、それを民間がやってしまうと、非弁行為とみなされ違法性が発生します。この金銭交渉とは、具体的には「有給休暇の取得」、「退職金の請求」、「未払いの残業代の請求」、「パワハラによる慰謝料の請求」などが挙げられます。

労働組合に加盟する「退職代行ガーディアン」は金銭交渉が可能!

労働組合に加盟する「退職代行ガーディアン」は金銭交渉が可能!

退職代行ガーディアンは全国の辞めたくとも辞められない会社員に対して退職代行を行っています。弁護士ではないので金銭交渉はできないと思いきや、実は退職代行ガーディアンは労働組合に加盟しているため金銭交渉が可能。通常の民間業者では不可能な退職金や未払いの残業代の請求なども行うことができます。

相談方法は上述した通り、LINEのテキストチャットで連絡をするだけ。ブラック企業で働く人達の多くは、既に精神的に追い詰められているので、電話で自分の状況を他人に伝えるのも勇気が要ります。その点LINEのチャットであればソファに寝そべりながら打つだけなので気が楽ですよね。

>>退職代行ガーディアンで早速相談しよう!

本当に辞められるの?本当に会社に行かなくていいの?すべての疑問に答えます

本当に辞められるの?本当に会社に行かなくていいの?すべての疑問に答えます

退職代行を利用するに当たって不安となるのが、「本当に辞められるのかどうか」、「上司に呼び出されて出社せざるを得ない状況にならないか」といったもの。退職代行を使ったことが会社に知れ渡ったら、自分への風当たりは一層強まります。

しかしご安心ください。退職代行ガーディアンでは、これまでほぼ失敗はなく、どんなブラック企業で働く会社員であっても、合法的にあと腐れなく退職に至っています。基本的にブラック企業側は自分たちが労働法に違反していることは認識しています。その上で法律に無知な従業員に対してプレッシャーをかけているのだから、法のプロである第三者が介入するとなると、会社側は自分たちの非を認めざるを得ません(訴えられたり労基にかけ込まれたりすると経営が危ぶまれるため)。そのため、退職代行が加入するだけで、いままでウソのように会社側は態度を変えてくるのが常となります。

>>本当に辞められるかどうかも確認できる!退職代行ガーディアン

本当に会社に出社する必要はないのか。すべてお教えします

では、もう1つの疑問となる「本当に退職代行に依頼した翌日から会社に行く必要はないのか」というもの。これは、厳密には「退職代行業者が会社に電話連絡した日から出社の必要がない」ということです。ちなみに、なぜ出社の必要がないかというと、法律では退職を申し出た2週間後に辞めることができるのですが、この2週間の間を有給休暇の消化に充てるためです。もし有給休暇を既に取得していて、2週間分に満たないと言うのであれば、残りは欠勤扱い(無給)にさせてもらう交渉をします。そのため

>>出社する必要一切なし!退職代行ガーディアンにまずは相談を

相談は無料!まずは退職代行ガーディアンに会社の悩みを告白してみて

相談は無料!まずは退職代行ガーディアンに会社の悩みを告白してみて

退職代行ガーディアンはLINEでの相談が無料。近代の日本はストレス社会と揶揄されるほど、全国には劣悪な職場が蔓延しています。そんなブラック企業で働いていると、心身共に疲弊して自分の人生が台無しになってしまうかもしれません。結局は退職をするもしないも自分の意思。少しでも悩んでいる方は、是非退職代行ガーディアンに相談してみてください。

>>退職代行ガーディアンで早速相談しよう!

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる