メニュー

【副業】副業をしたら会社にばれる?ばれない方法を紹介!

副業をしたら会社にばれる?ばれない方法とバイトを紹介!

昨今は新型コロナの影響もあり、毎月の収入を底上げする副業をする方が多くなってきました。しかし、初めての副業で心配なのが「会社ににばれる」ことです。そこで、今回は会社にばれるか否かの事情と、ばれないためにやるべきことをご紹介します。

目次

副業は会社にばれるかどうかを考える

副業は会社にばれるかどうかを考える

まず、そもそも副業がばれるかどうかですが、これは下記のような場合、最悪ばれてしまうことがあります。

副業が会社にばれる条件:高額の収入を副業で稼いだ

副業で得た収入のうち、「収入ー経費」で20万円以上年間で稼いでいる場合は、原則確定申告しなければなりません。それだけでは会社にばれることはないのですが、問題は翌年の住民税です。住民税は会社が代行して払っているので、もし住民税の額が給料と比較して明らかに多いようであれば、当然会社にばれる可能性があります。

副業が会社にばれる条件:従業員に勘繰られる

例えばコンビニのアルバイトをしている場合、「今日はシフトが入っているから、早めに残業を切り上げなきゃ」といったことを続けていると、同僚上司から「あいつもしかして深夜バイトでもしているんじゃないか」と勘繰られることでしょう。

副業が会社にばれる心配がない方法

会社にばれる心配がない方法

会社にばれることがない副業の稼ぎ方としては、①収入を20万円以下に抑えること、②住民税を自分で支払うこと、③在宅副業を探す、④個人事業主として税金の支払い窓口を新たに作ること、などが挙げられます。

お小遣い程度であれば①でもいいでしょう。②は会社によっては認められないケースも多いので、まずはそれとなく経理に確認するように。③のような在宅の副業であれば、自分のペースでできるので、本業の仕事や会社の同僚に迷惑をかけることがありませんし、上記のように勘繰られることもありません。

④は、個人事業主として登記をして、収入をそちらで集めるようにすれば、税金関連を本業とは切り離して収めることが可能です。

まずは副業が会社側で禁止しているか確認するのも

まずは副業が会社側で禁止しているか確認するのも

副業が会社にばれるか心配する前に、そもそも会社側は副業を禁止しているのでしょうか。上司が副業をダメだといっても、それは上司の意見であって、会社側はむしろ推奨しているところも少なくありません。また、厳密に言うと、会社に副業がばれることがあったとしても、それを理由に会社は従業員をクビにすることはまずできません(その副業が会社側に損失を与えている場合は別)。同僚の中ではすでに副業をはじめている人もいるかもしれませんので、周辺の聞き込み調査からしてみてはいかがでしょうか。

多くの方の目に留まるよう、応援クリックをお願いします。

副業をしたら会社にばれる?ばれない方法とバイトを紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる