メニュー

【副業】YouTubeで動画投稿!挫折しがちの「編集」を克服しよう

【副業】YouTubeで動画投稿!挫折しがちの「編集」を克服しよう

YouTubeを副業として日々投稿している人の中には、「編集作業」で挫折してしまう方が多くいます。言い換えれば、編集を克服できれば、YouTube動画の更新回数も増えて、副業収入の増加も見込むことができるはずです。そこで、今回はYouTubeの動画において、「編集」の克服方法をご紹介します。

目次

YouTubeの動画作成において最難関の「編集」

YouTubeの動画作成において最難関の「編集」

YouTubeはライブ配信と異なり、過去動画をメインに投稿するため、必ず必要となる作業が「編集」となります。特にいまから副業でYouTubeをはじめようと考えている方は、ライバル動画と一線を画すため、編集により一層力を入れる必要があります。

しかし、動画編集経験のない方が突然編集と言われても、どうすればいいか分かりませんし、10分の動画を作るのに5時間以上の編集作業が必要となることもざらです。そのため、YouTube動画の撮影自体は楽しくとも、編集で音を上げてしまうユーチューバーは非常に多くいます。

思い切ってYouTube動画の編集は外注するのも有効

思い切ってYouTube動画の編集は外注するのも有効

副業としてお金を稼ぐ前に、まずは予算を組んでYouTubeに投資をしてみるのはいかがでしょうか。撮影はもちろん自分で行いますが、あとの編集は外注に任せてみてください。フリーランスが集まるココナラやランサーズといったマッチングサイトを利用すれば、簡単な編集であれば数千円で請け負ってくれます。

まずは毎月投稿する動画の半分を依頼してみては

予算が厳しいのであれば、毎回依頼するのではなく、月の半分は自分で編集を頑張り、残りの半分は依頼することから始めてみてはいかがでしょうか。副業や本業でお金を稼いでいるトップユーチューバーの人たちは、15~20本の動画を毎月挙げています。20本だと平日毎日ですが、15本であれば2日1本。その内7本を編集依頼をするのであれば、それほど予算が圧迫されることもないはずです。

編集が必要ないYouTube動画を考える

編集が必要ないYouTube動画を考える

「YouTubeの動画編集を外注するお金はない」、「あくまでも副業。自分でやりたい」と言うのであれば、YouTubeに投稿する動画をいまいちど見直して、元々編集の必要がないようなジャンルを考えてみるのがいいでしょう。例えば一人語りのトーク動画であったり、町歩きの動画の場合は、カットを繋げるだけなので、それほどの編集作業は必要ありません。一方で企画物や面白おかしくテロップを作ったりエフェクトをかけるような作業が出てくると、途端に数時間の作業が必要になってしまいます。

まだまだYouTubeを副業として稼げる時代は続く。編集で諦めないで

まだまだYouTubeを副業として稼げる時代は続く。編集で諦めないで

昨今YouTubeの日本国内のチャンネル数は60万ともいわれていて、その数だけユーチューバーがいるとなると、「すでにYouTubeは飽和状態」、「これからの新規参入は稼げない」という人も多くいます。しかし、YouTubeは巨大なGoogle傘下の動画配信サービス。今後もすぐに廃れることは考えられないので、まだまだYouTubeの天下は続くと考えられます。YouTubeを副業として稼げるかどうかは、結局のところアイデアとネタ次第となるので、編集で挫折するのはもったいありません。膨大な編集作業に悩んでいる方は、動画の内容を見直したり、外注を検討してみてはいかがでしょうか。

多くの方の目に留まるよう、応援クリックをお願いします。

【副業】YouTubeで動画投稿!挫折しがちの「編集」を克服しよう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる