メニュー

【Z世代】はSNSやサブスクで音楽と出会っている?その真相を徹底解剖!

あなたが好きなアーティストは、何をきっかけに知りましたか?

テレビやラジオ、ライブや音楽フェス、友人や家族からのなどからのおすすめなど、さまざまな情報で知ったと思われます。

では情報感度が高いと思われる、いまどきの【Z世代】は、一体どのようにして好きなアーティストに巡り合っているのでしょうか。

詳しく調査していきたいと思います!

目次

新しい音楽はSNSで見つけている!

Z世代は、幼い頃からスマートフォンに触れ始めていたので、学生時代にはYouTubeをはじめとした、SNSを利用する機会が多いこともあり、【動画慣れした世代】でも関心を集めています。

動画を普段から見るのが、日課となっているZ世代では、好きなアーティスト&バンドのYouTube動画や、TikTokのおすすめ動画などから、自分の好きな音楽を見つけているようです。

ちなみに【TikTok】では、自分がよく聞いているメドレーや、TikTokのなかで流行っている曲の特集なども、注目を集めているようです。

2020年2月には、Instagramのストーリーズで使える新しい機能、【MUSIC(ミュージック)】が登場しました。

ストーリーズにサウンドトラックなどを追加し、音楽と共にに今の気分を投稿出来るようになりました。

友達のストーリーズを見て、自然に新しい音楽を知る機会もよくあるので、リアルZ世代は、ラッパー・Rin音唾奇らの曲を、ストーリーズで見ていることが判明しています。

そこには、ラッパーならではのゆるさ・エモさなどを、Z世代が出したい、”Instagramのおしゃれ感”とマッチしているのと、いま現在、コロナ渦で家にいる時間が長くなり、【チルな写真】を撮るためでは?、との見解です。

※「チルな写真」とは、「ナチュラルで自然体な写真」といった意味合いです。

”推し”のアーティスト専用のSNSアカウントがあるのが当たり前!

【推し】とは、一推しメンバーの略語であり、「推しメン」をさらに略した言葉になります。

かつてより使われていましたが、AKB48全盛期の2010年頃から、一般的にも知られるようになりました。

最近ではアイドルのみならず、バンド・アニメキャラク・ゲームキャラを始め、インディーズバンドなどにも使われるようになりました。

いまでは、そのジャンルの中でも”特に好きなものを指す”言葉としても使われています!

上記の図を見ると分かりますが、”SNSで好きなアーティストをフォローする”割合が、なんと約8割も占めています。

Twitterでは、「推し専用アカウント」を保持する人が大半であr、推し情報のRT(リツイート)や、推しファン同士でやりとりをするのが当たり前となっている模様。

リア友と呼ばれる、普段会っている友達に”オタク”だと知られたくない場合はもちろん、興味ない人にまでその情報を回すのが申し訳ない気持ち、またSNSなどではそこまで仲良くない人とも繋がるため、その人たちに”推しツイート”を見られたくないというのがあるのです。

しかも、たくさんの人をフォローしていると、推しツイートが流れてしまうことがあるため、【見る専用アカウント】を作っている、という理由だそうです。

https://twitter.com/Rw0jvZohoMF9Avh/status/1324607063587053568

【Z世代】に人気なのは、定番の恋愛ソング&メンヘラソング!

Z世代へのアンケートによれば、紅白出場経験がある「Official髭男dism」「あいみょん」「Mrs. GREEN APPLE」など、人気バンドやアイドル、韓国アイドルのみならず、歌も投稿しているYouTuber「若手バンド」などと、好きなアーティストや恋愛ソングは様々なことが判明。

「メンヘラソング」「病み系ソング」を聞いている人は、Z世代の約3割と少なめでしたが、あいみょんの「貴方解剖純愛歌~死ね~」、My Hair is Badの「復讐」は、Z世代から人気のメンヘラソング 、病み系ソングでした。

このような歌詞に引かれる理由には、曲調や歌詞などへの共感が多く挙げられていました。

*まとめ*

いかがでしょうか?

現代の10代~20代は、音楽から受ける影響が非常に大きく、新しいヒットを続々と生む世代でもあります。

今後はSNSを通じ、Z世代が生み出していく「新しいヒット」を期待する世の中になっていくことでしょう。

彼らの抱く、”新たな発想”を大切にしてあげることも、ほか世代は大切であると思います。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる