サポートプログラム

【サイト運営】個人による広告出稿の思わぬメリット、教科書にはない学びとは

広告出稿の話

GoogleAdSenseってご存知ですか?サイトに訪問すると、広告が表示されていることがあると思いますが、Googleが提供している広告表示の仕組みです。当サイトもですが、GoogleAdSenseを利用して、広告を表示しているのです。この広告を訪問者がクリックすることによって収益が発生する仕組みとなっています。こちらで、このGoogleAdSenseについてふれているのでよかったら見てみてくださいね。

【サイト運営】2020年版・GoogleAdSense審査通過のポイント

今回は、この広告を表示する側ではなくて、広告を出す側についてご紹介したいと思います。具体的な登録の手順などは割愛しますが、実際のこの仕組みを学ぶことによって、何が得られるのか?にフォーカスしてご紹介します。

Google広告とは

Google広告というサービスをご存知でしょうか。このGoogle広告はまさに、Googleによる広告出稿サービスで多くの起業、個人が利用している広告出稿サービスです。主には、設定したキーワードで検索された際に表示する広告、広告サービスに興味を持ちそうな利用者が利用するサイトで、画像をディスプレイ表示する広告、YouTubeの動画の間に流れる広告等々、様々なシーンで最適な広告を表示するサービスなのです。

Google広告の特徴

通常広告と聞くと、「有名企業が」「予算を潤沢に使って」「ダイナミックに展開」といったイメージがあると思いますが、このGoogle広告は予算1円から、個人が自由に出稿(広告の内容、ジャンル等に個別審査あり)できてしまうのです。実際に費用が発生するのはクリックされた時(別の条件も設定可能)なので、表示されるだけなら費用が発生しないのも特徴です。当然多く予算をかけることで多くの方にリーチできるのですが、小さく始めて効果が出たら一気に予算をかけるという使い方もできるので、とても良い仕組みだと思います。

Googleならではの強み

しかも広告をあらゆるパターンで表示させるには、ターゲット設定や、それぞれに沿った画像や、キャッチコピー、キーワード等を用意、設定する必要があるのですが、このGoogle広告が画期的なのは、いくつかの画像、キャッチコピー、キーワードを設定すると、Googleが状況に最適な広告を自動的に表示してくれるのです。一連の操作は、画面の説明にしたがって設定するだけ。ここまで手軽にできてしまうと、敷居が一気に下がり、多くの方が気軽に広告を出せることになりますね。すごい時代になりました。

また、1日あたりの広告の予算や、どういった成果を出したいのか。といった基本設定をするだけで、Googleの方が自動的に最適なタイミングで、最適な人物にアプローチすることができるように設定してくれるのです。加えて、日々のアクセス状況を学習して、より高度な広告表示が可能になるということです。

広告を表示する側もやってみる価値は十分にあり

私は、広告を表示する側ですが、出稿する側の内容を理解することで、広告表示の最適化と利益の最大化を実現するのが目的で利用しています。実際広告を出稿してみてわかったことを、下記にメリットとしてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

Google広告を出稿して得たメリット
  • 広告を出稿する側の戦略(気持ち)が分かる。どういったサイトに有益な広告が集まるのかなど。
  • 「キーワードプランナー」など、優秀なツールがある。どういったキーワードが多く検索されていて、そのキーワードにどの程度の価値(費用)があるのかが分かる。
  • 実際に広告を出稿して、クリックした人の属性がわかる。サイトのターゲット層との比較ができる。
  • 広告をクリックした際の検索キーワードがわかる。どういったキーワードが人気なのか、どういった課題を解決したいのか。ニーズがわかる。
  • クリックされなければ、費用が発生しない。反対の発想として、クリックされていない時も広告の表示がされ続ける機会が増えるので、広告としての機能を果たしている。
  • あらゆる指標がをレポートとして閲覧可能(GoogleAnalyticsとの連携)。教科書では得ることのできない、マーケット感覚を肌で感じることができる。
  • 日々進化する分野なので、広告のトレンドを知ることができ、適時サイトの運営戦略を立案、実行することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です