サポートプログラム

【新規事業】アイデアとお金に行き詰っている場合は異業種交流会へ参加しよう

アイデアとお金に行き詰っている場合は異業種交流会へ参加しよう

新規事業をはじめて間もない頃は、数社の特定の取引先だけで売上を立てて生活するような期間が相当月あるものです。「営業には自信あったから、すぐに新規開拓できると思ったけど……うまくいかない」という人は多いのではないでしょうか。

新規開拓がうまくいかない。新規事業のアイデアが思い浮かばない。新しい事業をはじめるにもお金が足りない。事業を続ける上で、そのような悩みは常に付きまとうものです。

異業種交流会に参加しよう

異業種交流会に参加しよう

営業職やIT関連に就業していた人の中には、「上司の命令で異業種交流会に参加したことがある」、「毎年業界の賀詞交歓会に参加していた」といった人は少なくないでしょう。賀詞交歓会は昔からある新年のあいさつ代わりのようなものですし、昨今は新年に関わらず1年に数回協会側が主催する業界も珍しくなくなってきています。

一方で異業種交流会は民間企業が主催する交流会で、内容は賀詞交歓会とほぼ同じですが、名称の通りさまざまな業種の人が参加しているのが特徴です。

異業種交流会に参加するメリット

異業種交流会に参加するメリット

異業種交流会に参加する目的・メリットは幾つかあります。

  1. 新規の顧客を見つける
  2. 異業種の話を聞いて触発され、新規事業のアイデアを見つける
  3. 新規事業のパートナーを見つける

異業種交流会は賀詞交歓会と異なり、そこで出会う人はほぼ100%初対面となるため、自分がどんな肩書・職業なのかを簡潔に自己紹介できるようにしましょう。また、異業種交流会に参加するビジネスパーソンは基本的に役職が上、もしくはフリーランスや個人事業主が圧倒的です。そのため、「新規事業をするに当たって、共同経営してくれる人を探している」、「自分の会社に出資してくれる人を見つけたい」といった目的で参加することもできます。

異業種交流会でよきパートナーが見つかるかも

異業種交流会は主催者側で「出版・芸能関係」、「経営者」、「自営業・フリーランス」といったようにテーマを決めている場合もあります。もちろんフリーもありますので、自分の目的にあった交流会を探すといいでしょう。参加費は2000~3000円で食事が付いているのが基本。普通は100~200平米程度の狭い会議室で開催され、一応スーツ着用が無難。また名刺は20~40枚程度と多めに持っていくといいでしょう。一度話してみて、自分の目的に合致しなくとも、間接的に事業に関わりがあったり、潜在顧客を紹介してくれたりする可能性もあるため、一応話す人全員に名刺を配る気持ちで臨んでください。

ビジネスはどこに転がっているか分からない。異業種交流会を有効利用

ビジネスはどこに転がっているか分からない

ビジネスは人と会話することで初めて生まれるものです。個人事業やフリーランスの場合、仕事が忙しくてなかなか外に出るのが億劫になってしまいがちです。異業種交流会は、自分の事業を発展させてくれる人を探せる最も効率的な方法であることを覚えておいてください。一度参加してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です